プレスリリース

がん患者が生きる価値を問う社会的な現代劇を上演 11月2~5日渋谷

株式会社ASCEND FEATHER 投稿日:2017年9月25日

サービス分野: [ エンターテイメント ]

がん患者が生きる価値を問う社会的な現代劇を上演 11月2~5日渋谷

劇団SKY SOARTψWINGS(スカイソアートウィングス)では、第14回公演として劇作家別役慎司の新作「海岸線にみる光 See Shine in the Sea Line」を渋谷Space Edgeにて11月2日~5日まで上演する。公演は全7ステージ。チケットの申し込みを開始した。

《SKY SOARTψWINGS》
代表別役慎司が、日本の演劇を変革していくために世界のメソッドを取り入れて質の高い舞台創造を目指している劇団。STONEψWINGSアクティングスクールが併設されているため優れた演技教育を受けた俳優が出演する。
http://www.stone-wings.com/

《作品のあらすじ》
四国のとある岬にある今は営業されていない「渚の宿」。そこには余命宣告を受けた女性大森梢が別荘として暮らしている。彼女の依頼を受けてやってきた映像作家の最上颯司は、撮影の内容を聞いて驚く。それは彼女の心を切り取ってほしいということだった。

《作品のテーマと見所》
親と子の確執、生きてきた価値や存在意義、癌と緩和ケア、離婚、シングルマザー、養育費、子育て、ビジネス、自然、生命。
「海岸線にみる光」の作中では、たくさんのテーマが散りばめられている。誰もがきゅっと締め付けられるような作品で、上演後に何時間も議論したくなるだろう。
舞台を通して、人生のテーマを一緒に共有する時間を届けたいと考えている。
イギリスで修業し、劇作家・演出家・演技講師として活躍する別役慎司は、社会事業家でもあり今回は社会的なテーマに真っ向からチャレンジする。

【概要】
公演日時……2017年11月2日(木)~5(日)
11/2  11/3   11/4   11/5
    13:00  13;00  13:00
19:00 18:30  18:30  18;00

劇場……SPACE EDGE
東京都渋谷区渋谷3-26-17 野村ビル1F
TEL: 03-3409-8723
FAX: 03-3400-3422

作・演出……別役慎司
舞台監督……林大介
照明……榊原大輔
音響……零’s Record
美術……零’s Record
制作……SKY SOARTψWINGS
スタッフ……辻修平、矢野伸一郎、八田うみ

最上颯司……別役慎司
沢溝珠水……水地優子
片桐希晶……轟雅子
氷藤聡……秋江智文
大森梢……倉多七与
茂上庸……磯山典克
大森煌……土屋美穂
番条和枝……石井寿美

チケットのお申し込みは公式サイトから
http://seeshine.uvs.jp/
またはPeatixでの取り扱いもあり
http://seeshine.peatix.com/

お問い合わせ先

SKY SOARTψWINGS
(株式会社ASCEND FEATHER)
〒112-0004
東京都文京区後楽2-23-12
Holic House2F
TEL&FAX 03-5689-0075
office@stone-wings.com

 
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索