プレスリリース

リサーチデータ&人工知能(AI)利活用研究ワークショップ開催

株式会社 日本リサーチセンター 投稿日:2017年7月28日

サービス分野: [ マーケティング・リサーチ ]

 株式会社日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、代表取締役社長:鈴木稲博)は、東京大学教授 大澤幸生氏をファシリテーターに招き、「リサーチデータ&人工知能(AI)利活用研究ワークショップ」を開催しています。

 デジタル技術の進展により、ビッグデータが収集・提供されるようになり、マーケティングデータのエコシステム(生態系)が多様化しています。これまで、その基幹を担っていたリサーチデータが、今後、新しい価値/機会の創造に貢献し、またそれらをリードしていくための方向性とは何か。そして、リサーチデータが、ビッグデータと共創してイノベーションを起こしていくために、人工知能(AI)などの最新テクノロジーをどのように役立てていけば良いのか、を明らかにします。

<プログラム:全4回 1回120分にて構成>
 第1回 7月27日(木)18時30分~20時30分 講演・討論
 第2回 8月21日(月)18時30分~20時30分 ワークショップ ~アイデア共創
 第3回 8月25日(金)18時30分~20時30分 ワークショップ ~シナリオ構築
 第4回 9月26日(火)18時30分~20時30分 発表・討論/講演

<ファシリテーター>
大澤幸生 教授(東京大学 大学院工学系研究科 システム創成学専攻)
1968年生まれ。東京大学工学部卒、1995年同工学系研究科博士(工学)取得。大阪大学基礎工学部助手、筑波大学ビジネス科学研究科助教授などを経て現職。専門は人工知能、意思決定支援、システムデザイン、チャンス発見、創発システムデザインなどを研究。2019年には人工知能学会の全国大会プログラム委員長として構成指揮にあたる。

<場所>
株式会社日本リサーチセンター プレゼンテーションルーム
東京都中央区日本橋本町二丁目7番1号 NOF日本橋本町ビル

<参加費>
98,000円(税別)/全4回

<主催>
株式会社日本リサーチセンター(協賛:株式会社GRI 株式会社U'eyes Design)

お問い合わせ先

日本リサーチセンター ワークショップ事務局
小宮山 mail:workshop2017@nrc.co.jp

 
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索