プレスリリース

【スクエア free セミナー第81回 itビジネスの海外進出】セミナー

投稿日:2017年7月20日

サービス分野: [ IT技術 ] [ 教育・人材 ] [ 海外・グローバル ]

【スクエア free セミナー第81回 itビジネスの海外進出】セミナーに弊社代表が講師として参加します。
◆セミナー概要
開催日     :2017年7月26日(水) 17:00~20:00
開催場所   :株式会社OPENスクエア
神田紺屋町17番地, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan 101-0035
主催 :株式会社 廣告社ぶれいん&プロジェクトワン株式会社&
スクエアfreeセミナー
参加費    :無料

スクエア free セミナー第81回 itビジネスの海外進出
トーマス・フリードマンが「フラット化する世界」を書き上げてから、既に10年以上の月日が流れました。
フリードマンは書籍の中でグローバリゼーションを三つの段階に分類して見せました。
1.0:国家が力をふるう段階、2.0:多国籍企業が力をふるう段階、3.0:個人が力を持つ段階。そして、既に時代はグローバリゼーション3.0に入っています。
地域や国家や企業によるグローバリゼーションではなく、個人や自由なグループの活動が世界を大きく動かす時代なのです。
この大きなグローバリゼーションの動きに立ち向かう意味などありません。
その中で曲がりなりにもITの世界で口を糊する我々も「ITビジネスの海外進出」について一度考え方を整理しておく必要がある筈です。
今回はこんな気持ちで、このセミナーを企画してみました。

テーマ1 : 「外国人材活用(ミャンマー編)2020年末のIT人材不足に備えて」
~ 日本国内でのIT人材不足で、新卒採用が難しい企業様にお役に立てます ~
グローバル化が進む日本のIT業界。IT人材不足と言われる日本。
経済産業省は2016年6月10日、国内IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果を発表しました。
IT人材数は現在91.9万人に対し、17.1万人不足しているとのことです。
2020年には36.9万人の不足も予想されています。人材不足の問題を解決するためには、「海外のIT労働力の有効活用」という方法もあります。
『アジア最後の経済フロンティア』との呼び声も高いミャンマー、特に注目すべきは、ミャンマー人の日本語習得能力の高さ、日本人に似た国民性、
コスト競争力にあります。ミャンマーでは英語教育が早期から行われており、英語ができる人材も多くいます。
いずれ、開発の上流工程もミャンマー人の IT 人材に任せられるようになり、日本語と英語ができる IT 人材として日系企業の海外拠点に配置したり、
付加価値の高い人材活用ができるようになるはずです。
今回はミャンマーのミャンマー人バイリンガルIT技術者の採用、育成についてご説明いたします。
 講師 :岩永 智之 様
グローバル イノベーション コンサルティング株式会社
代表取締役社長



テーマ2 : 「”マネージド・ラボ”と言う新しいラボ型開発の提案」
~  ベトナムからの熱い風をお伝えします ~
マネージド・ラボという形態の新しいラボ型開発を提供しており、日本人要員を適所に配置することによりコミュニケーション精度の向上、高品質、スピード開発を実現します。
従来のラボ型(開発センター型)開発の「デメリット」「不安」を取り除き、真のオフショアメリットを享受するための取り組みです。
今回は、オフショアサービス利用者の満足度向上を目標に”マネージド・ラボ”に取り組んでいるべトナム技術者の熱い思いをライブ(予定)でお届けします。
 講師 :森 茂紀 様
株式会社インサイトテクノロジー
社長室長

テーマ3 : 「海外でのIT事業展開」
~  ベトナムからの熱い風をお伝えします ~
約20年前からベトナムに拠点を構え、自社の事業として、オフショア開発、IT専門学校の設立、エンジニアの日本への迎え入れを行い、また、企業支援サービスとして、IT企業情報提供、企業マッチング、進出支援、M&A、マーケティング・販売支援を行ってきました。
さらに、ルワンダへも進出し、アフリカのIT人材の受け入れも試みています。これら海外ビジネス経験から得られたノウハウ、海外展開の心構えなどをお伝えします。
 講師 :大西 信次 様
株式会社ブレインワークス
取締役

お問い合わせ先

【お問い合わせ.申し込み先】
海外戦略事業部  担当:ティンタジン
メール:event@gicjp.com
電話番号:03-5600-8880「平日:9時~18時」

 
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索