プレスリリース

12月15日より 今年も年賀状作成サポートを開始!

キューアンドエー株式会社 投稿日:2016年12月14日

サービス分野: [ ものづくり ] [ 生活関連技術 ] [ IT技術 ]

12月15日より 今年も年賀状作成サポートを開始!

~住所録の消失対策として、バックアップサービスも推奨~

 キューアンドエー株式会社(代表取締役社長:牛島祐之、本社:東京都渋谷区、以下キューアンドエー)は、2016年12月15日(木)より、年賀状作成に関するサポートサービスを開始いたします。住所録データの消失に関するお客さまの声が増加したことにお応えして、住所録のバックアップサービスも合わせて開始することにいたしました。今年も筆まめ・筆ぐるめ・筆王などのメーカーを問わずサポートいたします。

 近年、パソコンやスマートフォン、タブレット端末などのネットワーク上で年賀状を作成することができるサービスや無料通信アプリLINEを用いた年賀状作成サービスなど、多種多様なサービスが誕生しております。
 キューアンドエーには、毎年年賀状作成に関するお問い合わせが多数寄せられており、特に年賀はがき投函開始日を迎える12月中旬には、お問い合わせ数がピークを迎えます。お問い合わせ内容は、住所録のトラブルが全体の43.3%を占めており、操作方法が26.7%、プリンタートラブルが16.7%と続きます。(図1)
 中でも「住所録データがいつの間にか消えてしまっていた」というお声が多数寄せられております。住所録データが消えた場合は、再びすべての宛先を登録し、間違いがないかどうかを確認し直す必要があり、時間と手間がかかります。

 そこで、キューアンドエーは2017年 年賀はがきの投函が開始される2016年12月15日(木)からサポートを開始いたします。
 また、ご要望に応じて、住所録の消失を防ぐための「住所録バックアップ」とウイルス感染による個人情報の漏えいを予防する「セキュリティ対策診断」も有償で実施いたします。「住所録バックアップ」は、住所録データをお客さまが指定するフォルダや外部ストレージ、クラウドにバックアップし、データの消失に備えます。「セキュリティ対策診断」では、お客さまがご利用の端末にセキュリティの欠陥がないかを診断します。その結果、ウイルスに感染していたり、セキュリティに欠陥があった場合は、必要に応じて適切なサポート内容を提案します。要望があればその場でウイルス予防・駆除などを有償でサポートいたします。

 キューアンドエーは今後も、多くのお客さまが安心・安全のもと、快適なインターネットライフを過ごせるよう、高品質なサービスを提供し続けることにより、ICTの発展の中で豊かな社会づくりに貢献いたします。

◆サービス概要:
 1.年賀状作成サポート
  ・内容:1)年賀状作成ソフトの使い方のご案内
      2)年賀状作成ソフトのトラブル解決
      3)プリンター・パソコンのトラブル解決や操作説明 など
  ・料金(税抜):3,000円/30分
 2.住所録バックアップ
  ・内容:住所録データのバックアップ
  ・料金(税抜):3,000円/30分
  ・対象ソフト:筆まめ、筆ぐるめ、筆王、はがきデザインキットなどの年賀状作成ソフト
 3.パソコンセキュリティ対策診断/スマートフォン向けセキュリティ診断
  ・内容:電話/リモート(遠隔操作)サポートによるパソコンやスマートフォン、タブレット端末のセキュリティ診断
  ・料金(税抜):3,000円/30分
  ・対象OS:Windows Vista、Windows 7、Windows 8/8.1、Windows 10、Mac OS 10.5以上、Android 2.3以上、iOS 6.0以上
◆お問い合わせ・受付:0120-863-863(10:00~19:00)
◆URL:https://www.clubqa.com/main/?page_id=8119

<キューアンドエー株式会社> https://www.qac.jp/
ICTデジタル製品(パソコン、プリンター、情報家電、通信機器など)に関連して生じる故障などのトラブルや接続、操作や利用・活用に係る疑問などを解決するICTサポートサービス事業を主たる業務とする。キューアンドエーが提供するICTサポートサービスは「コンタクトセンターサービス」「オンサイト(訪問)サポートサービス」で構成されており、ICTに関するトータルサポートサービスを提供している。

お問い合わせ先

【本リリースに関するお問い合わせ】
キューアンドエー株式会社
お問い合わせフォーム:https://www.qac.jp/contact/

 
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索