東京都荒川区立幼稚園・小学校・中学校40校(園)へHD-TVI フルハイビジョンカメラシリーズ 納入

 

東京都荒川区立幼稚園・小学校・中学校40校(園)へHD-TVI フルハイビジョンカメラシリーズ 納入

株式会社グラスフィア ジャパン(本社:東京都中央区、代表取締役:磯部 好孝)は、東京都荒川区立幼稚園・小学校・中学校40校(園)へ、フルハイビジョンHD-TVI監視カメラを納入しました。


《HD-TVIカメラ超高画質化と、製品リリースの背景》
≪HD-TVIカメラとは≫
監視カメラの世界的な需要が増大する中で、高画質化への市場からの要望は従来から非常に高かったにも関わらず、高画質化を果たす為には、高い機器コストを払ってIPカメラもしくはHD-SDIカメラを導入するしかありませんでした。また、日本市場のような先進国市場のみならず、発展途上各国においては、既に低画質アナログカメラが相当数導入されており、その既存システムを高画質化する為には、機器更新の他に、既存同軸ケーブルをLANケーブル(IPカメラの場合)や5C-FBのような高品質同軸ケーブル(HD-SDIカメラの場合)に配線引替工事が必要となり、コスト面において現実的ではありませんでした。
そこで、弊社既報プレスリリースの通り、『フルハイビジョン高画質カメラでありながら、既設アナログカメラのケーブルを、既存アナログカメラと同等延長距離で使える』HD-TVIという新しい規格のカメラを、弊社は国内業界に先駆けて発売して参りました。

≪HD-TVI規格の一般的な特長≫
・高画質画像の撮影・録画・再生が、IPカメラやHD-SDIカメラを使わずに低コストで実現できる。
・既存アナログカメラと混在したシステム構築が可能である。
(特別な変換装置不要で、既存アナログカメラとHD-TVI等のフルハイビジョンカメラを接続できる)
・ケーブル延長距離が長く、特別な装置不要で長距離(5C-2V 500m,3C-2V 300m)伝送が可能である。

  
《東京都荒川区様への今回導入機器》
今回の荒川区様ケースでは、以下2点が主な要求仕様でした。
『10年程度以前に導入した既存アナログカメラのケーブルを出来るだけ流用しながら、原則としてケーブル両端の機器交換によって、フルハイビジョン化を実現する』
『既存アナログカメラが、カメラ電源重畳タイプであった為、今回のフルハイビジョンカメラもカメラ電源重畳タイプである必要がある』
弊社は、国内業界に先駆けて、また国内メーカーとして初めて、HD-TVI規格のカメラ電源重畳タイプ(ワンケーブルカメラ)シリーズをリリースしており、本プロジェクトにおいては、本シリーズを提案・導入させて頂きました。


《HD-TVIワンケーブル フルハイビジョン カメラシリーズ の特長》

1.既存の同軸ケーブルで最大500m (5C-2V以上)まで、カメラ電源とフルハイビジョン映像を伝送

2.IPアドレス等の設定無しで、簡単接続

3.既存アナログカメラシステムを使いながら、順次HD-TVIフルハイビジョンカメラへの移行が可能
(既存アナログカメラと、HD-TVIフルハイビジョンカメラとの混在システム構築が可能)

4.既存アナログカメラ用同軸ケーブルを引き替え無しで、フルハイビジョンカメラへ移行可能

 
 

お問い合わせ先

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社 グラスフィアジャパン
担当者名:マーケティンググループ 倉品 信広
TEL:03-6661-7151
Email:nobu-kurashina@grasphere.com

お問い合わせ・資料請求はこちら

株式会社グラスフィア ジャパンによるその他のプレスリリース(最近の20件)

「環境・エネルギー・エコ」 に関連する注目企業

PageTop