プレスリリース

若手映像作家のコンテスト初開催【東京プロジェクションマッピングアワードvol.0】

株式会社イマジカデジタルスケープ 投稿日:2016年3月7日

サービス分野: [ IT技術 ] [ 教育・人材 ] [ エンターテイメント ]

若手映像作家のコンテスト初開催【東京プロジェクションマッピングアワードvol.0】

 株式会社ピクス(東京都渋谷区 代表取締役社長:中祖眞一郎 以下:ピクス)、および株式会社イマジカデジタルスケープ(東京都渋谷区 代表取締役社長:大林克己 以下:当社)は、このたび若手クリエイターを対象とした映像制作の登竜門「東京プロジェクションマッピングアワードvol.0」を、2016年3月26日(土)に東京ビッグサイトにて開催します。

 「東京プロジェクションマッピングアワード」とは、2020年の東京オリンピックに向けて日本が海外から注目を集める今、映像産業と共に歩んできたイマジカ・ロボットグループが、人材育成を通じてコンテンツ産業の発展に寄与できるよう「アジアNo.1映像クリエイターの登竜門」を目指して設立するものです。

 プロジェクションマッピングは、ここ数年、ひとつの映像ジャンルとして確立され、様々なシーンで使われるコンテンツになりました。一方で制作側にとっては、コンテンツの制作や投影のコストが高額であるために、学生や若手映像クリエイターには挑戦するハードルが高いコンテンツにもなっています。
イマジカ・ロボットグループは、すでにCOOL JAPANとして認知されているマンガ、アニメ、ゲームなどのポップカルチャーのように、プロジェクションマッピングにおいても、日本の映像産業の一つを担う才能を輩出できるよう、若手のクリエイターが新しいものを生み出す機会を作り、映像産業全体の発展に寄与することを目指します。

 初開催となる今回は、7校、9チームが参加し、ピクスの制作支援のもと、学生クリエイターたちが初めてのプロジェクションマッピングの制作に挑みました。
 当日は東京ビッグサイト会議棟にて作品の上映を行います。上映中は、コンテンツ産業に大きく寄与している映像・現代美術の専門家及び映画プロデューサー、映像クリエイターによる審査を行い、同日に表彰式を行います。

今回は初開催vol.0という位置づけで行い、今後は、全国の学生を対象に、毎年12月に開催していく予定です。全国開催初回のVol.1のエントリーチームの受け付けは6月頃を予定しております。

■開催概要
名称:東京プロジェクションマッピングアワード vol.0
日時:2016年3月26日(土) 18:00開場
場所:東京ビッグサイト会議棟前広場にて上映
上映会:18:30-19:30 
表彰式:20:00-20:30

●公式ウェブサイト: http://pmaward.jp

<主催>
株式会社ピクス、株式会社イマジカデジタルスケープ
<協賛>
株式会社東京ビッグサイト、株式会社イマジカ・ロボット ホールディングス、オートデスク株式会社
<メディア協賛>
CGWORLD.jp、CINRA.NET、登竜門、PARTNER、映像新聞、クリ博ナビ
<後援>
CG-ARTS協会(公益財団法人画像情報教育振興協会)
<協力>
首都大学東京、芝浦工業大学、多摩美術大学、宝塚大学、デジタルハリウッド大学、日本電子専門学校、日本工学院八王子専門学校 (50音順)

<審査員>
・阿部秀司(株式会社阿部秀司事務所 代表取締役・プロデューサー)
・森山朋絵(キュレーター / 東京都現代美術館学芸員)
・スプツニ子!(現代美術家 / マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボ助教 / デザイン・フィクション・グループ研究室主宰)
・森内大輔(クリエイティブ・ディレクター / プロデューサー / デザイナー)
・橋本大佑(映像作家 / アニメーション作家)

お問い合わせ先

<当リリースおよび「取材」に関するお問い合わせ>

株式会社ピクス 制作部 広報担当:新井
TEL: 03-3791-8855 e-mail:pmaward@pics.tokyo

株式会社イマジカデジタルスケープ プロモーショングループ 広報担当:藤吉
TEL: 03-5459-6203 e-mail : pmaward@dsp.co.jp

 
プレスリリース検索
企業検索
ビジネスカレッジ(IBCセミナー)

一覧へ

シアタースタイル アルティメット 究極のプレゼン塾

二代目社長育成講座