プレスリリース

全ての主要監視カメラ規格対応ユニバーサルハイブリッドDVRシリーズを新発売

株式会社グラスフィア ジャパン 投稿日:2016年1月27日

サービス分野: [ ものづくり ] [ IT技術 ] [ 特殊技術・特許 ]

全ての主要監視カメラ規格対応ユニバーサルハイブリッドDVRシリーズを新発売

株式会社グラスフィア ジャパン(本社:東京都中央区、代表取締役:磯部 好孝)は、国内主要監視カメラ規格全て(HD-TVI、AHD、IP、HD-SDI、アナログ)に対応できる、「ユニバーサルハイブリッド デジタルビデオレコーダー(DVR)シリーズ」の販売を開始致します。


《国内外監視カメラ主要規格の市場動向と、弊社ユニバーサルハイブリッドビデオレコーダー(DVR)シリーズ、リリースの背景》

≪近年における世界市場動向≫
近年の世界情勢流動化に伴い急増している、世界的なセキュリティカメラ需要拡大に伴い、世界中のチップメーカーが監視カメラシステムを含めた高解像度化と低価格化への技術革新にしのぎを削っています。そうした中、一昨年、従来から普及が進んでいた「IPネットワークカメラ」「アナログ(960H)カメラ」「HD-SDIカメラ」とは別に、「HD-TVIカメラ」「AHDカメラ」「HD-CVIカメラ」といった新しいフルハイビジョンカメラ規格が開発され、日本を含む世界市場へ普及が始まりました。その中で、昨年の世界市場動向において「価格」「高画質化」「既存システムとの親和性」等といったファクターにより、「IPネットワークカメラ」「HD-TVIカメラ」「AHDカメラ」の3規格が世界市場で今後中心的な高画質監視カメラ規格として採用されていくだろうという動きになりつつあります。その一つの証左として、一昨年のAHDチップの世界出荷枚数が200万枚と言われていたところが、昨年AHDとHD-TVIを合わせた世界のチップ出荷枚数が2000万枚を超えたと言われている事からも、こうした新しい監視カメラ規格が急速に世界市場に普及している事の証左ともいえます。さらにこうした新規格のチップメーカーは、昨年の急速な市場拡大の勢いを得て、今年には4Kも視野に入れたさらなる高画質化へ進んでいくと言われています。

≪世界市場動向を踏まえた、国内市場の今後の動向≫
一方、国内市場においては、「アナログ(960H)カメラ」「HD-SDIカメラ」といった規格も、従来の国内監視カメラメーカーの製品戦略上、これから数年は流通が続いていくだろうと考えられていますが、前述の通り、チップメーカーの技術革新とコスト低減努力は、世界的な市場拡大が見込まれる「IPネットワークカメラ」「HD-TVI」「AHD」規格に集中されており、国内市場もこうしたチップメーカーをはじめとする世界市場動向の影響を受け、今後は、この3規格が普及していくことが自然の流れになると考えられます。

≪ユニバーサルハイブリッドレコーダー リリースの背景≫
以上のような市場動向の中で、日本国内においては、「使えるものはできるだけ長く使う」「導入後は減価償却の関係で5年は使い続ける」といった声が大きく、かつて導入したカメラ機器を使えるだけ使いながら、「壊れたカメラを順次少しでも高画質なものに更新する」「増設カメラは高画質な新製品を導入する」といったことが市場の主流となっています。
しかし、従来のレコーダー機器は、同一メーカー品や同一規格品でない限り、増設や部分的な更新等が行ないにくく、結果的に、何年も前に導入した古い規格と同一規格品を高い値段で導入せざるを得ないという弊害が発生していました。
そこで当社は、国内における監視カメラの全主要規格(HD-TVI、AHD、IP、HD-SDI、アナログ)に対応できるユニバーサルハイブリッドレコーダーをリリースする事で、「使えるものはできるだけ長く使いながら」も、「部分更新」や「増設」時には最新の高画質カメラ機種を低価格で導入できる事を実現できると考えております。


《全主要カメラ規格対応、ユニバーサルハイブリッドレコーダー シリーズの特長》
1. 1台のレコーダーで、国内全主要カメラ規格(HD-TVI、AHD、IP、HD-SDI、アナログ)に対応。
全てのカメラが、1台のレコーダーで混在接続が可能。

2. フルハイビジョン(1080P)のフルチャネル録画を標準実装。

3. 日本国内市場を意識した、豊富な映像出力。HDMI、VGA、BNC各1を標準実装。

4. USBやネットワーク経由での画像バックアップの他、DVDバックアップもサポート。(オプション)


《全主要カメラ規格対応、ユニバーサルハイブリッドレコーダーシリーズの概要》
製品名:8ch/16ch ユニバーサルハイブリッドレコーダー
(HD-TVI、AHD、IP、HD-SDI、アナログの各主要カメラ規格をサポート)
型式:GJ-HY0828-TSA (8chタイプ)、GJ-HY1628-TSA(16chタイプ)

8ch http://www.grasphere.com/products/detail.php?id=164&cid=1
16ch http://www.grasphere.com/products/detail.php?id=165&cid=1

お問い合わせ先

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社 グラスフィアジャパン
担当者名:マーケティンググループ 倉品 信広
TEL:03-6661-7151
Email:nobu-kurashina@grasphere.com

 
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索
ビジネスカレッジ(IBCセミナー)

一覧へ

シアタースタイル アルティメット 究極のプレゼン塾

二代目社長育成講座

お金儲けのためのSNS・ブログ勉強会