【株式ニューカマー】Wi-Fiの枠超えたソリューション企業へ

掲載日:2018年4月12日(木)5:00

カテゴリ:[IT技術]

 □ファイバーゲート・猪又将哲社長

 ファイバーゲートは独立系通信会社として、Wi-Fi環境整備を軸に、通信機器の開発製造、設置工事、サーバー管理などを一貫して手掛けている。競合他社と異なる市場を自ら開拓し、業界シェアの維持・拡大を図る。3月23日に東証マザーズ市場に新規上場した、猪又将哲社長はWi-Fi提供だけでなく、ソリューション事業としての成長を目指す。

 --Wi-Fi環境の整備を主力事業としている

 「集合住宅向けと商業施設・観光地などに向けた無料で使えるWi-Fiを設置・運営している。集合住宅については入居率を改善して退去率を抑える。商業施設などでは集客力を強め、観光地ではインバウンド(訪日外国人観光客)などに対する利便性を高める。集合住宅のオーナー、商業施設運営会社などから、設備導入費、利用料などを得る。集合住宅向けが売り上げの約7割を占めているが将来は半々にしたい」

 --業績の推移は

 「売上高は基本的に拡大基調にあり、とくに2016年度は前年度比1.5倍の27億8700万円に伸びた。経常利益率は15年度の5.4%から16年度には12.0%になり2桁台に突入した。これは新規需要の獲得と先行投資の効果が発揮されたことが要因だ」

 --事業の特徴と強みは

 「Wi-Fiインフラの提供だけでなく、通信機器の開発・製造・販売とともに設置工事、サーバー管理などを一気通貫で提供していることだ。大手通信キャリアは機器を製造していない。しかし当社では顧客のニーズを製品に素早く反映させて、付加価値を提供することができる。とくに独自の高い水準の認証技術は大きな強みとなっている。実はWi-Fi事業者は独自の認証技術を持っていないことが多い。当社は厳格な認証システムを供給できる数少ないWi-Fi事業者の一つだ」

 --事業の見通しは

 「Wi-Fi設置の余地はまだ十分にあり、市場はさらに大きくなるだろう。これを維持するだけでなく拡大していく。アパート、中小規模マンションや高速バス、フェリーといった競合他社と異なる市場を開拓する。また当社のWi-Fiサービス、機器、サーバー管理などを他社向けのプライベートブランドとして提供する」

 --中長期的経営計画は

 「5年後を見据えてWi-Fiサービス提供の枠を超え、データベース提供、電子商取引(EC)サービス、広告サービスといったソリューション企業としての地位を確立したい」

                   ◇

【プロフィル】猪又将哲

 いのまた・まさのり 北大経卒。1987年4月興亜火災海上保険(現・損害保険ジャパン日本興亜)入社。マイネット、ドゥテレコムなどの取締役を経て、2003年11月から現職。53歳。愛知県出身。

                   ◇

【会社概要】ファイバーゲート

 ▽本社=札幌市中央区南一条西8-10-3 第28桂和ビル4階

 ▽設立=2000年9月

 ▽資本金=3億2877万円

 ▽従業員=145人 (2018年4月1日時点)

 ▽売上高=36億5300万円 (18年6月期予想)

 ▽事業内容=Wi-Fiソリューション総合サービス

「IT技術」関連企業  もっと見る

  • 株式会社SOBAプロジェクト

    株式会社SOBAプロジェクト

    誰でも簡単に使える事を目的に開発された純国産のクラウド型Web会議システムです。初費無料・最低利用期間1か月で、導入が簡単。GoogleApps連携や一時招待機能などの便利な機能が標準搭...

  • 株式会社トップゲート

    株式会社トップゲート

    弊社は日本で唯一のGoogleのクラウドサービスであるGoogle Cloud Platformトレーニングパートナーです。 また同時に、Google Cloud Platformの再販可能なサービスパートナーでもあります。 Google Clo...

  • 富士通株式会社

  • アイビーシー株式会社

    アイビーシー株式会社

    【プロダクト】 ネットワークシステム全体の性能状態を容易に可視化できるネットワーク性能監視ツールの開発、販売を行っております。 【コンサルティング】 お客様のシステムイ...

  • 株式会社エー・クラン

    株式会社エー・クラン

    ホームページのことならどんなことでもご相談ください。 他と比較して「同価格ではクオリティは上」「デザイン力×価格」に相当、自信があります。 「クオリティ×価格」自信あり。...

新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索