イベント時間情報の特定で特許出願

掲載日:2018年4月11日(水)5:40

カテゴリ:[その他]

 三井住友アセットマネジメント(SMAM)は国立情報学研究所と共同で、イベント時間情報特定システムを発明、特許を出願した。これまでSMAMのファンドマネジャーとアナリストは投資先企業のホームページやインターネットを活用してイベントなどの情報管理を行ってきた。新システムの活用で投資先企業にかかわるニュースなどに記述されるイベントの時間情報を自動的に特定。時系列に整理することが可能なため、情報収集業務の大幅な効率化と投資判断の質向上につなげる。

「その他」関連企業  もっと見る

新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索