バーチャルろくろで器作り 大堀相馬焼の窯元ら開発、3Dプリンター活用

掲載日:2018年1月11日(木)5:00

カテゴリ:[ものづくり]

 ろくろを使う手の動きをセンサーで読み取ってモニター上に再現し、3Dプリンターで器の制作もできる「バーチャルろくろシステム Roquro」を、福島県浪江町に伝わる大堀相馬焼の窯元らが開発した。教育現場などで活用が広がっているほか、職人の技を後世に伝えることも期待されている。

 開発に携わったのは窯元「松永窯」の4代目、松永武士氏(29)と、3Dプリント関連会社「X人の株式会社」(東京都港区)の東信伍氏(26)。職人の高齢化や後継者不足に加え、東京電力福島第1原発事故で大堀相馬焼の生産地が避難区域となり、地域の伝統を守るため技術をデータ化して残したいという思いがあるという。

 システムは装置上に手をかざすと、センサーが手の形を認識し、ディスプレー上に手の形を表示。その状態のまま手を動かすと、実際にろくろを回し、粘土をのばすように口を広げたり、すぼめたりして、器の形に整えられる。表面の質感も段階的に調整できる。

 現実の器作りと違って何度もやり直せるほか、読み取った器の形を3Dプリンターで制作する際は、さまざまなサイズにすることもでき、東氏は「伝統の良さと新しい技術の融合が、すごく良い」と話す。

 松永氏は「伝統的な技術を残していけば後継者の育成にもつながる。新しい視点による、ものづくりのヒントも生み出していきたい」と意気込んでいる。

「ものづくり」関連企業  もっと見る

  • 株式会社SP-Logic

    株式会社SP-Logic

    <はいってルンバ> 個室トイレの使用状況を正しく伝えるシステムです。 <トイレ使用状況遠隔お知らせシステム> トイレ内で起こる異常事態を遠くに離れている人に 電話でダイレ...

  • 富士通株式会社

  • ウォーターポイント株式会社

    ・水の自動販売機事業 ・宅配水事業 ・水の専門店事業 ・ペット事業 ・プラント設備事業

  • 株式会社ティル

    株式会社ティル

    当社は営業のいないデザイン会社です。デザイナーが直接ヒアリングし制作いたします。なぜ、営業がいないか?それは、間に人を挟まないことで情報がぶれることなく、スピーディーに...

  • 株式会社SOBAプロジェクト

    株式会社SOBAプロジェクト

    誰でも簡単に使える事を目的に開発された純国産のクラウド型Web会議システムです。初費無料・最低利用期間1か月で、導入が簡単。GoogleApps連携や一時招待機能などの便利な機能が標準搭...

新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索