世界最大級の家電見本市「CES2018」 日本の家電ベンチャー続々出展

掲載日:2018年1月9日(火)5:55

カテゴリ:[ものづくり]

 世界最大級の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)2018」が9日(日本時間10日)から4日間、米ラスベガスで開かれる。IoT(モノのインターネット)やAR(拡張現実)、VR(仮想現実)、自動運転に関する技術などに注目が集まりそうだが、日本の家電ベンチャーや中小企業もユニークなコンセプトを持った製品を出品し、存在感をアピールする。

 家電ベンチャーのCerevo(セレボ、東京都文京区)は、超小型の自動販売機「Qvie(キュービー)」を開発した。750ミリリットルのワインボトル1本が入るほどの大きさで、専用の読み取り機にスマートフォンをかざすと、ふたの鍵が自動で外れ、中に入っている製品を取り出す。QRコード型モバイル決済方式を採用するため、事前に小銭やおつりを用意する必要がない。早ければ今夏にも発売する見通し。岩佐琢磨CEO(最高経営責任者)は「シェアリングエコノミーの市場拡大につれ、それにふさわしい新たなハードウエアが求められる」と語り、主に民泊事業者などを販路に想定している。

 電動車いすベンチャーのWHILL(米カリフォルニア州、開発拠点は横浜市鶴見区)は、昨夏に日本で発売した高齢者向け電動車いすの「モデルC」の米国向けモデルを出品する。2014年発売の初号機「モデルA」のデザイン性や走行性能を維持しながら、工具を使わずに分解できるようにするなど、介護者の利便性を向上させた。重量もモデルAの半分以下となる52キロ。最小回転半径は約76センチで、一般的なハンドル型電動車いすよりも小さく、エレベーターの中でも楽に方向転換できる。独自開発の全方位タイヤを前輪に採用し、最大5センチの段差も軽々と乗り越えられる。同社は、このモデルC米国版を来場者に貸し出し、多くの人に体験してもらう。

 このほか日本の中小・ベンチャー企業12社が中心となったパビリオン「JAPAN TECH Project」では、バイバイワールド(東京都品川区)の拍手ロボット「ビッグクラッピー」やユカイ工学(同新宿区)のしっぽ型ロボ「Qoobo」など、独創的なアイデアに裏打ちされた製品が数多く登場する。

「ものづくり」関連企業  もっと見る

  • 株式会社ディベロ

    弊社は、ipad、iphone、アンドロイドアプリ、制御系、web系、業務系システムの開発を行っています。 また、花卉業界向けシステムも多数開発しております。 自社製品の生花店向けPOSレジ...

  • 富士通株式会社

  • 株式会社横引シャッター

    株式会社横引シャッター

    ・上から下へ上げ下げするシャッターではなく、駅の売店の様に横に引く【横引きシャッター】(電動・手動共) ・天井や由香が開閉出来る【水平引きシャッター】(電動・手動共) ・...

  • クリナップ株式会社

    クリナップ株式会社

    システムキッチンなどの住宅設備機器の製造/販売

  • (有)ブリッヂコーポレーション

    (有)ブリッヂコーポレーション

    顔の側面の頬骨に乗せて装着出来、メガネフレームのフロント部が鼻に当たらず浮いているので、鼻まわりの化粧が取れず、パッドが無い為、顔立ちスッキリ、とても清潔です。今までに...

新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索