日本の技術シーズ 海外発信サービス ナインシグマ

掲載日:2017年10月17日(火)5:00

カテゴリ:[その他]

 技術開発支援を手がけるナインシグマ・ホールディングス(HD、東京都千代田区)は、日本の研究機関や企業の技術シーズを海外に発信するサービスを始めた。経済活動のグローバル化により、海外企業のなかにはものづくりを中心とした日本の技術に関心を持つところが多い。海外企業の開発ニーズと日本の技術シーズとの結びつけ、新技術やサービス開発を後押しする。

 新サービス「テックボックス」には、日本の研究機関や大学などから最新の研究成果などのシーズに関する情報提供を受け、それを専用サイトに掲載する。海外企業はそのサイトにアクセスし、関心のあるテーマや分野などを手がかりに検索する。検索後、表示された開発シーズを4段階で評価し、専用の記入フォームを通じて詳細な問い合わせもできるようにした。

 テックボックスには、まず国の研究機関や大学などに技術シーズに関する情報の提供を求める。その見返りに研究機関や大学などには掲載した技術シーズへの反応などのデータを開示する。将来的には日本の企業からも有料で技術シーズの情報掲載を募る考えだ。一方、海外企業は無料でサイトを閲覧できる。

 すでに約7100件の技術シーズが登録されており、初年度は1万件、3年後には3万件のシーズ案件登録を見込む。また海外企業の利用も初年度3000社、3年後には1万5000社を目指す。

「その他」関連企業  もっと見る

  • 越野建設株式会社

    越野建設株式会社

  • 株式会社ネオレックス

    株式会社ネオレックス

    MyStats(マイスタッツ)は、ピーター・ドラッカー氏の時間管理に関する言葉をきっかけに開発された、自己管理支援のための無料iPhoneアプリです。 「時間アクティビティ」では、「いつ...

  • 株式会社HIROKEN

    株式会社HIROKEN

    <街角法律相談所> 全国の債務整理に強い法律事務所を探すことができる、法律事務所比較サイトです。 無料診断シミュレーターを使って簡単な質問に応えるだけで、借金を抱えた方に...

  • 協同組合ビジネス交流センター

    1.組合員が必要とする石油製品、OA用品、車両用品等を一括購入して低価格等のメリットを得る共同購買事業。 2.組合員が高速道路を利用する場合、ETCカードを利用して通行料金...

  • 有限会社 美容室ムンク

    Hair Salon ヘアサロン事業 Munku・HERBIEブランドを中心に15店舗展開しています。 多様化するお客様のニーズに合った、様々な形態の美容室を展開しております。 Bridal Makeup ブライダル...

新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索