中国、ビットコインなど仮想通貨取引所を禁止 新たな打撃、店頭では継続

掲載日:2017年9月12日(火)6:10

カテゴリ:[アジア・新興国]

 関係者によると、中国政府はビットコインなどの仮想通貨を同国内の取引所で取引することを禁止する計画だ。対象は取引所の仮想通貨取引だけで、店頭取引を停止する計画はないという。

 中国は先週、企業が仮想通貨を使って資金調達するイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を違法としたばかりで、仮想通貨市場にとっては新たな打撃となる。

 中国人民銀行(中央銀行)は取材に「現時点でコメントできない」と回答した。

 仮想通貨に投資しているFBGキャピタルの創設パートナー、チョウ・シュオチ氏は「取引量は間違いなく減ることになる。従来のユーザーは取引を続けるだろうが、新規参入のハードルは非常に高くなる。中国での仮想通貨の発展は遅れることになるだろう」と述べた。

 取引所でのビットコイン取引禁止に向かう中国当局の動機は不明だが、来月開かれる共産党大会の最高指導部の入れ替えを控え、中国は金融リスクの抑制に動いている。ビットコインはこの1年でドルベースで約600%値上がり。仮想通貨は幅広く上昇しており、バブル懸念が強まっていた。

 中国のビットコイン取引所大手3社、OKコインとBTCチャイナ、火幣の3社は11日、「仮想通貨取引の禁止に関する当局からの通知を受け取っていない」と説明。同日も取引を報告している。

すでに数カ月前から仮想通貨市場での中国の役割は縮小

「アジア・新興国」関連企業  もっと見る

  • 株式会社 GloLing

  • 株式会社携帯市場

    株式会社携帯市場

    ●中古携帯電話買取販売事業 <買取サイト> ガラケー買取:http://ガラケー買取.jp/ スマートフォン買取:https://スマートフォン買取.jp/ 携帯電話買取:https://携帯電話買取.com/ 対象商品...

  • 株式会社アークアカデミー

    株式会社アークアカデミー

    1) 日本語研修のための、国内・海外への日本語教師専門家の派遣・紹介を実施しております。 2) 外国人・留学生のアルバイト・就職・キャリアの人材紹介を実施しております。 ...

  • クオリティソフト株式会社

    クオリティソフト株式会社

  • FTI JAPAN株式会社

    FTI JAPAN株式会社

    グレード:刺身グレード A 重量:グレードA 4kg以上/1本 価格:刺身グレード A \2,000/kg    原産国:インドネシア共和国 漁場:バリ島、マルク州、スラウェシ州北部    季節に...

新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索