羽田空港で最新ロボ実証実験 移動支援や旅客案内、20年に実用化へ

掲載日:2017年1月11日(水)6:11

カテゴリ:[その他]

 国内の大手メーカーやベンチャー企業が開発した最新ロボットの技術検証を目的とした実証実験が2月13日まで、羽田空港国内線第2旅客ターミナル(東京都大田区)で開かれ、利用客の目を楽しませている。労働力人口の減少による人手不足対策の切り札として、各社とも実験結果を踏まえて東京五輪・パラリンピックが開催される2020年頃の実用化を目指す。

 実験は3期に分かれて行われ、10~23日に実施される第2期には、空港施設内での高齢者や障害者らの利用を想定した移動支援ロボットが参加。ZMP(東京都文京区)、A.M.Yクリエイティブ(福島県いわき市)、匠(北九州市八幡西区)、本田技研工業、WHILL(ウィル、横浜市鶴見区)の5社が登場した。

 このうち、A.M.Yの「INMOTION(インモーション) R1EX」は1人乗りの電動車。体全体で重心を前後左右にかけながら走行や停止する。また、WHILLは電動車椅子「モデルA」に障害物を検知して自動で停止する機能を搭載した新機種を披露した。

 続く24日~2月13日の第3期には、人工知能(AI)を搭載した旅客案内を務めるロボットが登場する。インディ・アソシエイツ(名古屋市中区)、ブルレー(東京都千代田区)、日立製作所、Nextremer(ネクストリーマー、東京都板橋区)、ソフトバンクロボティクス、SEQSENSE(シークセンス、川崎市多摩区)、綜合警備保障、シャープの8社のロボットが参加する予定だ。

高度なAIを搭載した案内業務もできる警備ロボット

「その他」関連企業  もっと見る

  • 株式会社トレジャーエージェンシー

    株式会社トレジャーエージェンシー

  • 越野建設株式会社

    越野建設株式会社

  • 株式会社エンパワー

    株式会社エンパワー

    FC 事業の開発・運営、独立開業支援をサポート、コンサルティング 買取専門店「大吉」FC の企画、運営、募集

  • 株式会社允元

    DE-HEYTAI〜垈・坪・替〜(ディ-ヘイタイ)は、カスタマイズファッション定期便サービスを提供しております。 カスタマイズファッション定期便サービスは、アンケートとカウンセリング...

  • 協同組合ビジネス交流センター

    1.組合員が必要とする石油製品、OA用品、車両用品等を一括購入して低価格等のメリットを得る共同購買事業。 2.組合員が高速道路を利用する場合、ETCカードを利用して通行料金...

新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索