株式会社 田中電気研究所

基本情報

【煙突からのばいじん監視計器ダスト濃度計のトップメーカー】
・昭和24年創業時は電力計の標準検定装置などの開発。
・時代の流れとともに業態が変わる中、現在でも放射線計測器の製造を自社工場の
ベー スロードとしたモノづくり企業として発展。
・平成5年から自社製品である環境計測器「ダスト濃度計」を開発。
・主力製品の非吸引光散乱式ダスト濃度計DDM-2001は、国内外火力発電所、製鉄
 所、セメント、製紙工場などへ、平成28年9月時点で260台以上の納入実績。
・平成27年から発売した「白濁排ガスダスト濃度計DDM-TMA1(タマイチ)は、(公
 財)りそな中小企業財団、日刊工業新聞社主催の第28回中小企業優秀新技術・新
 製品賞の優良賞、環境貢献特別賞、産学官連携特別賞を受賞。
・ダスト濃度計の開発では、世界のトップ4になる事を目標に掲げている。

取り組み姿勢

「生きることは挑戦すること」とは、栃木県 福田富一知事から頂いた言葉です。
当社の様な小企業がダスト濃度計と言うニッチな市場で世界トップ4を目指すには、様々なことに挑戦して行かねばなりません。安定はすなわち衰退と考え、社員全員と共に新規の課題に取り組んで行きたいと思っています。自社製品ダスト濃度計のメーカーとなった今でも、下請けからの脱却では無く、下請けとのバランスを取った経営を目指しています。大手企業の下請けを行うことで最新の製造技術をアップデート出来、品質の源泉になります。この製造技術を自社製品に活かすことで、品質の田中電気研究所ブランドとして電力会社の石炭火力発電所など大規模施設への納入を続けております。

企業概要

住所 〒156-0052
東京都 世田谷区経堂3-30-10
設立 1963年12月17日
資本金 2500万円
従業員数 33人
URL

http://www.tanaka-e-lab.com

商品・サービス

大気汚染監視計器「ダスト濃度計」

大気汚染監視計器「ダスト濃度計」

■「ダスト濃度計」は、ボイラーや焼却炉などから排出される排ガス中の煤塵を連続的に測定する為の環境モニタリング計測器です。
■ 石炭火力発電所、バイオマスボイラなどの排煙脱硫装置出口では、水分ミストを多量に含んで白濁した排ガスになる施設が多く、このような白濁排ガス中に含まれる煤塵を測定しようとしてもダストとミストの双方からの影響を受けてしまうために有効な連続測定器は存在しません。
■ このたび当社は非吸引(ノンサンプリング)でありながら、煙道内で白濁した排ガ
スのミスト分を瞬間に気化させることでダスト粒子(煤塵)だけを測定出来るダスト濃度計を開発しました。(特許第5453607号)(特許第5976885号)
■ 新機種DDM-TMA1(タマイチ)型ダスト濃度計は、国内の白濁した排ガスの発生施設以外に、PM2.5問題で規制が厳しくなっている中国石炭火力発電所の湿式EP(電気集塵機)出口への設置も視野に改良を重ねています。

新聞掲載注目情報 もっと見る

株式会社 田中電気研究所

▼ この企業を見た方は、下記のような企業も見ています。

  • 日本システム企画(株)

    当社は水処理装置製造販売会社です。 現在の主力製品は、配管内を流れる水中の自由電子(水和電子)を使った画期的な電気防食装置(特許技術)。 外部電源を必要とせず、老朽化した...

  • WILLONE INTERNATIONAL CAMBODIA CO., LTD.

    1.カンボジア王国の電子政府化に向けての先端技術導入コンサルティング業務 ・カンボジア各省庁とのジョイントフォーラム・展示会等のイベント開催 ・通信・ITインフラ、セキュリテ...

  • 株式会社エコルス

    当社は、除菌・殺菌対策における身体に関わる画期的かつ簡易型仕様のオンリーワン!と称した『各種身体衛生機器類』のご紹介、ご提案、デモンストレーション(実演)による一連の明確...

  • 株式会社くりんか

    【産業廃棄物が呼吸する環境舗装へ!】 「くりんか」という呼称は、石炭火力発電所から排出される石炭焼却灰の塊を「クリンカ」と呼んでいる事に由来しています。石炭焼却灰排出量...

  • 日揮株式会社

    1.各種プラント・施設に関するコンサルテーション、事業計画、基本設計、詳細設計、機材調達、 建設工事、試運転、オペレーション、メンテナンス 2.石油・ガス・資源開発、ユーティ...

企業検索
注目企業ランキング< 週間 >
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。