シースリーレーヴ株式会社 代表取締役CEO 空野正輝氏

公開日:2018年3月6日

経営者に「質の高い」出会いを提供するマッチングアプリ「COLABO」を展開

どんな事業を行っていますか?
自社製品の経営者マッチングアプリ「COLABO(コラボ)」(AndroidおよびiOSに対応)の開発およびサービス提供を手がけています。
「COLABO」はどんなアプリですか?
経営者のためのマッチングアプリで、経営者同士のマッチング機能に加え、大手企業とベンチャー企業がつながるオープンイノベーションの提案マッチング機能があります。
完全審査制で、代表取締役や取締役、執行役員などの経営者層のみ参加が可能。アプリ登録時に、詳しい自己紹介文のほか、解決したい分野や得意分野などを登録していただきます。それらの情報をもとに、AIがマッチング対象となる経営者を毎日8名提示。マッチング対象者のプロフィールや解決したい分野、得意先分野などの情報を見て、会いたい経営者にオファーを送り、互いに興味がある場合にのみマッチングが成立します。マッチングも対象者へのメッセージ送付も無料で利用可能です。
従来のマッチングサービスにはない「COLABO」の特徴は?
マッチングの「相手」と「目的」の見える化を図っていることです。実際、マッチングにおける一番の無駄は、相手がどんな人かがよくわからないことだと思います。たとえば異業種交流会で初めて会った人といきなり会うことになり、その人がどんな人で、何をしている人なのかがよくわからないまま、話を聞かなければならないことが少なくありません。また、従来のビジネスマッチングアプリでは一般社員の登録が多く、実際に会っても情報交換程度に終わり、実ビジネスに繋がらないケースが多々あります。
そこで「COLABO」では会員登録を経営者(意思決定者)に限定し、登録申請があった場合、当社が審査・承認した方のみサービスの利用が可能になるという仕組みを設けています。
また、マッチングを行う際、事前に互いのプロフィールやマッチングの目的を共有。相手にオファーをする時にも、オファー目的(メッセージで気軽に情報交換したい/カフェやランチで気軽に情報交換したい/ランチ会な少人数で気軽に情報交換したい/自分のサービスを提案したい/相手のビジネスに関心がある、から選択可能)が相手に伝わるようにしています。
このようにマッチングを希望する側と、マッチングを受ける側の納得感を高めることで、マッチングの無駄をなくし、質の高いアポイントを実現していることが、「COLABO」の大きな特徴です。
どんな人が「COLABO」を利用していますか?
利用者の内訳は、上場企業の経営者が8%、中堅の優良企業が20%、中小企業が42%、ベンチャー企業が30%。業界別に見ると、IT関連が30%、コンサルティング・マーケティング関連が3割、残りが製造業、建築業、農業となっています。
2017年10月のサービス開始以来、大手企業やスタートアップ企業などの経営者層1000名以上に登録いただいており、これまでに約4000件のマッチングが成立しています。
実際にどんなマッチングが生まれていますか?
私自身、「COLABO」を積極的に利用していただいている方を訪ねてインタビューをしていますが、ある利用者(以下、A氏)はこれまでに約100名とマッチングを行って約40名と会い、その中の5名とビジネスを展開しているそうです。
A氏は、お客様からWebメディアの制作依頼を受けました。ところがWeb関連に詳しい知人がいなかったので「COLABO」を利用し、Webマーケティングの戦略を考えられる人に加え、WebデザインやSEOができる人などを探し、チームを作って事業を進めています。
またA氏はビジネスだけでなく、英語やプログラミングといった、自分自身で学びたいことについて「COLABO」でつながった人に相談し、実際に教えてもらっているそうです。A氏は「自分の可能性が広がった」と話していました。
実際、「プライベートでもずっとお付き合いできる相手としか会いたいと思わない」とA氏が言うように、個人的には、「COLABO」を通じてビジネス目的でつながるだけではなく、プライベートでも自分を高めてくれるパートナーを見つけていただけたら嬉しいですね。
今後の展開は?
最近では、企業への直接訪問やテレアポで商品やサービスを売り込むことが非常に難しくなっており、BtoBマッチング市場は大きな変わり目に来ています。ところがその一方で「良い商品やサービスがあれば情報を知りたい」とか「良い人に出会って事業を拡大したい」という潜在需要には、依然として大きなものがあります。そこで「COLABO」を、異業種交流会やテレフォンアポイントメント、顧問サービスといった従来のマッチング手法の代替ツールに育てていきたいですね。
この夏には「COLABO」のPC版をリリースする予定。基本機能はスマートフォンアプリと同様に無料でお使いいただけますが、PC版には有料のオプション機能が追加されます。
さらに新事業として、「COLABO」の経営者コミュニティを売りにしたリアルなイベントも行っていきます。その第1段として「COLABO」内でバスケットボールの経験者を募り、東京都を本拠地に活動しているプロバスケットチーム「東京エクセレンス」のスポンサー獲得支援を目的としたイベントを、今年3月に実施します。
「東京エクセレンス」の試合を観戦したあと、選手たちとの交流会を行う予定で、さらにプロ野球チームやJリーグサッカーのクラブチームとタイアップしながら、イベントを実施していく考えです。
事業に懸ける思いを聞かせて下さい。
私たちが「COLABO」を開発した背景には、日本のために、なにがしかの貢献をしたいという思いがあります。
とくに日本企業の99.7%を占める中小企業の経営者の皆さんにとっては、これまで良い出会いの場やチャンネルがあまりなく、出会いのために無駄な時間を費やしていることが多かったのではないでしょうか。
そこに変革をもたらし、より効率的なマッチングを実現することで、質の高い出会いを提供していきたいですね。

シースリーレーヴ株式会社
代表取締役CEO 空野正輝氏

1983年4月27日生まれ。同志社大学工学部卒業。新卒で基幹業務パッケージソフトウェア会社のワークスアプリケーションズに入社し3年間、AWSのクラウド業務の運用や、パッケージソフトのWEB系システム開発を経験します。3年後に東京支社立ち上げのベンチャーに転職し、SEやプログラマー、営業などを経験します。その後、2017年5月にシースリーレーヴ株式会社を設立しました。

企業検索
注目企業ランキング< 週間 >
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。