一般社団法人起業家育成コンソーシアム 代表理事 八木秀明

公開日:2018年2月5日

優良見込み客との出会いをプロデュースする「営業顧問」サービス

どんな活動を行っていますか?
ビジネスクラブの「EIC経営者クラブ」を運営しています。主に起業して間もないアーリーステージの企業のネットワークを作ることを目的に、交流会やセミナーなどを開催しています。
一般の異業種交流会は、自分と同じようなステージにいる人たちが集まる「横軸の人脈」作りの場といってもいいでしょう。
それに対し、自分自身も起業家として大成功し、若手経営者を育成する立場にある、一般のセミナーには来ないような人たちも多数参加しているのが「EIC経営者クラブ」の特徴です。
ここで「縦軸の人脈」を構築し、より高いステージに引き上げてもらうというのが当クラブのコンセプト。実際、著名起業家や大企業の会長や社長を始め、マスコミやスポーツ業界、芸能界、政界などでEICの理念に賛同し、会員の支援をしてくださる方々が、EIC顧問団に多数参加しています。
もう1つ、「EIC経営者クラブ」の会員向けに、売上・収益向上をサポートするための「営業顧問」サービスを、昨年5月に開始しました。
「営業顧問」の特徴は?
営業代行ではなく、EIC顧問団のネットワークを駆使し、マッチングコンサルタントが、クライアントの商品やサービスのお客様になり得る良質な人脈を紹介するサービス。
大企業の社長や会長といった普通では会えないような人物を直接紹介し、お付き合いを深めてもらう中で、取引先として開拓していただいています。
顧問料は1社1商材につき月額30万円(税別)で、6カ月で契約更新。契約終了時に、紹介により得られた利益が顧問料を下回っている場合、差額を返金しているのでクライアント側にはほとんどリスクはありません。新規開拓のために従業員を採用する費用や時間を節約でき、質の良い見込顧客に即アタックすることが可能です。
なお、顧問をお引き受けする際、商品やサービスをどんなところに売りたいか、どういう顧客先を開拓したいかなどについてヒヤリングを実施。そのうえで商品やサービスに価格競争力や独自性があり、紹介先にもメリットを提供できるかどうかを審査させていただいています。
顧問契約期間中には、2週間に1回ミーティングを行い、新たにどこに連絡を取るかを決めたり、「この会社の反応はこうだったから次はこんな動きをしよう」といった活動方針の見直しなどを行います。
営業代行ではなく人脈構築支援を重視しているのはなぜですか?
私が24歳で起業したとき、現在EICの相談役をお願いしている経理バンクホールディングスの山田長満社長(川崎商工会議所会頭)に、多くの人やメディアを紹介していただきました。自分1人でできることには限りがありますが、こうした素晴らしい先輩経営者との出会いによってステージを引き上げていただいたお陰で、自分の世界が大きく広がったのです。
その意味で、仮にあるクライアントが「営業顧問」のサービスを終えても、人間関係さえ構築できていれば、あとはご自身で紹介先とお付き合いを続け、その人脈を会社経営に役立てていただくことができるでしょう。
今後、事業をどう広げていきますか?
「EIC経営者クラブ」のメンバーがもっと増えてくれば、会員にとっても会員以外の方にとっても、ここがビジネスチャンスを生む1つの場になる可能性が高まります。そのためには、クラブをスポンサー制にして会員費を無料にし、より多くの人に加入していただけるようにしていくことも1つの選択肢になるでしょう。
「営業顧問」については、今春をめどにアーリーステージ以外の企業にもサービスを提供していく一方、アーリーステージの企業向けに顧問料をリーズナブルな価格に改定し、契約更新期間も延長することで、より利用しやすいサービスにしていくことを検討しています。
「営業顧問」はいわば大きなパワーを備えたエンジン。これをうまく使いこなし、前へ前へと、どんどん走っていただきたいですね。そして、いずれは「営業顧問」に頼らなくても自社で人脈を築き、商品やサービスを売れる力を身につけていただきたいと思います。
インタビュー:ジャーナリスト 加賀谷貢樹

一般社団法人起業家育成コンソーシアム(EIC)
代表理事 八木秀明

1967年、東京都生まれ。16歳の時、舞台『動員挿話』(岸田國士作)で俳優デビュー。23歳で引退後、日本ビクターを経て1991年に(株)キーデータを設立。マーケティングプランナーとして、東京ドームイベントや各種展示会、テレビラジオ制作等、上場企業のメディア販促をプロデュース。当時マスコミに大きく取り上げられ、飛躍的に業績を伸ばす。

1994年に飲食業に進出し、「ラーメン花月」の1号FC店を出店したほか、にんにくゴロゴロカレー「にんごろう」などをプロデュース。
2002年にタレントマネジメント会社「センスエンタテインメント」を設立し芸能事業に進出。テレビ番組「あいのり」に出演した素人タレントやグラビアアイドルを多数輩出した。

その後、モバイオ㈱で通信事業に進出し、アジア太平洋産業㈱で中国進出コンサルティングも開始。さらに㈱ナレッジマネジメントでIoT事業を手がけ、現在はミスユニバースジャパン石川県大会のエリアエグゼクティブも兼任している。著書に『わが「志」を語る』(PHP研究所)、『女房在りてこの亭主在り』(平成出版)がある(いずれも共著)。

【お問い合わせ・ホームページ】
TEL:03-4405-8985
URL:http://eic-club.org/

企業検索
注目企業ランキング< 週間 >
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。