株式会社保険見直し本舗 執行役員 管理本部長 兼 総務人事部長 大塚功一氏

公開日:2017年12月13日

気軽に相談できる「保険見直し」のコンシェルジュ

サービスの特徴は?
当社は40社以上の保険会社と提携し、数多くの保険商品の中から、お客様が最適な保険を選ぶためのアドバイスを行っています。
保険は、一度加入したらずっとそのままというものではなく、必要に応じて見直すべきだという考え方が、徐々に浸透しつつあるという実感があります。
ただ、お客様自身が、発売されている保険を調べて比較することは大変ですし、なかなか難しいと思います。当社では各保険の商品特性とお客様のニーズの両方を適切に把握し、いくつかの推奨商品をお示ししながら、適切な保険を選んでいただくお手伝いをしています。
女性が働きやすい職場作りに力を入れていますね。
当社の正社員とパート社員を含めた全社員数は約1300名で、その約85%を占めているのが女性。そこで産前産後や3歳までの育児休業に加え、時短制度などの働く女性に配慮した制度を設けています。
当社の時短制度は、女性社員1人ひとりにヒアリングを行い、勤務時間を15分単位で柔軟に設定しているのが特徴。その勤務時間も月単位で変更可能です。産休や育児休暇を取ったあと、職場に戻ってくる女性社員が多く、現時点における復帰率は約97%に達しています。
それらの環境づくりはどのように進めてきたのですか?
もともと女性が多い職場だったこともあり、社内におけるニーズや時代の流れに合わせ、一つひとつ対応してきた結果だと思います。
女性は男性と比較しても、置かれている環境によって、仕事と家庭におけるその関わり方の変化が大きいのが現実だと思います。結婚や出産などで仕事の比重が変わったとしても、優秀で意欲がある人が辞めてしまうのは会社にとって大きな損失です。キャリアが途絶えることなく、その人のライフステージによって柔軟な働き方が選べ、それを許容できる会社でありたいと思っています。
また、障がい者の働きやすい職場環境にも力を入れていますね。
社内に事務サポートセンターという、障がい者を中心に構成された専門部署を作っています。
渋谷本社内においては、清掃や備品設備のメンテナンス、郵送物の受付や発送業務対応などの軽作業を行ってもらっています。
またそれ以外にも、障がい者の能力が活かせる業務がないかと社内でヒアリングを行い、さまざまな業務の切り出しを試みた結果、2013年、社内で扱う膨大な量の紙の資料を電子化するスキャニングセンターを、新横浜に一から立ち上げることにしました。
もともと書類の保管や管理に困っており、それらの書類がデジタルデータ化され、必要なときにいつでも利用できるようになれば便利だというので、始めたものです。
全員初めての経験で試行錯誤しながら進めていきましたが、 彼らの仕事ぶりは正確かつ丁寧で、スキャンの仕上がりも美しく、依頼先の部署から感謝されています。
彼らの評判が社内で高まるにつれて、仕事の依頼も増える一方ですが、彼らのスキルも年々上がっていて、スキャナの能力の方が追い付かなくなり、これまで何度か増設も行っている状況です。
私自身、現在は、彼らが障がい者であることを意識することはほとんどありません。社内の必要業務を分担してもらっているチームのメンバーだと思っています。彼らも、自分たちの仕事が周囲の役に立っていることが嬉しいと感じてくれているようです。
今後は社内に限らず、書類のデジタルデータ化の仕事を受注していけるようになれたらと考えています。それによって収益を上げ、給与も上げていきたいですね。彼らが、将来にわたり安定して収入を得て、安心して生活していけるような状態をつくりたいと思っています。
今後について一言
お客様から選ばれる会社であると同時に、働きやすく、働きがいのある職場として、働いている社員からも選ばれなくてはならないと考えています。今後も日々、努力し続けていきたいと思っています。
インタビュー:ジャーナリスト 加賀谷貢樹

【会社概要】
設立:2001年12月
資本金:1億円
代表取締役:大谷寛
従業員数:1297名(2017年9月末現在)
本社:東京都渋谷区桜丘町20-1渋谷インフォスタワー6F
URL:http://www.hokepon.com/

企業検索
注目企業ランキング< 週間 >
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。