おかげさまデザイン株式会社 代表取締役 松本哲浩氏

公開日:2017年2月14日

ラジオ番組とインターネットを連動させたPR・リサーチサービスを提供

 
個性的な社名です。事業内容を教えてください
デザインというとグラフィックデザインやウェブデザインを思い浮かべるかもしれませんが、当社はPR・マーケティングリサーチを兼ねた「おかげさま商会」というラジオ番組を企画制作しています。従来のラジオ広告・PRは、企業から消費者への一方向にしか情報発信できませんでした。当社は生放送のFMラジオ番組とインターネットサイトやツイッター、アンケートを連動させ、企業のPRをしながら消費者(リスナー)の生の声をリサーチするビジネスモデルをデザインしました。
番組は企業・自治体から商品・情報の提供をうけることで成り立っています。おかげさまという感謝を込めて「おかげさまデザイン」という社名にしました。
PR・マーケティングリサーチとラジオ番組をどう組み合わせているのですか
「おかげさま商会」はリスナープレゼントが中心の番組です。全国の中小企業や地方自治体から特産品などのプレゼント提供をうけ、それを番組で紹介し、リスナーはパソコンやスマートフォンからプレゼントに応募します。応募する際、応募商品ごとにアンケートに答えます。応募するには会員登録が必要で、プレゼント提供者は登録された会員の年齢、性別、居住地域、職業、家族構成などの基本データをもとにしたアンケート回答を得られます。
プレゼントはその商品や情報に興味をもった何万人もの見込み消費者・利用者(リスナー)が応募してきます。実際にその商品・情報の消費者・利用者だけでなく、見込み消費者・利用者を含めたデータを入手するのは困難ですから、「おかげさま商会」のアンケート結果はプレゼント提供者にとって魅力です。
「おかげさま商会」は具体的にどんな番組ですか
当社のアシスタントが企業や地方自治体と交渉し提供を受けたプレゼントを紹介しています。提供者目線の商品PRだけではなく、プレゼント提供を受けるまでの裏話やプレゼントを実際に使用したり飲食したりした正直な感想も伝えます。消費者の等身大の目線で伝えることを心がけています。
ゲストには中西圭三さんや岩崎宏美さんら人気アーティストやタレントを招き、彼らの音楽や「ここだけの話」などのトークを織り交ぜます。彼らが提供するCDや公演チケットのプレゼントもあります。
「おかげさま商会」の放送は毎週日曜夜8時から8時55分までの約1時間。オンエア日に新しいプレゼントを複数追加し、公式サイトには常時10点以上のプレゼントをアップしています。0.20ctのダイヤモンドやアルメニア産の高級コニャックなどの豪華商品がプレゼントされたこともあります。
ラジオパーソナリティとして活動する私に、「夜のヒットスタジオ」「ゴールドディスク大賞」などのテレビ番組を手がけた番組・音楽プロデューサーのZackey(木﨑徹)さんが参加して進行しています。
なぜテレビやインターネットではなくラジオなのですか
私自身がラジオパーソナリティということもありますが、「おかげさま商会」をオンエアするコミュニティラジオ局は設置が手軽で容易なため東日本大震災以降、防災の観点からも毎月2、3局新設されています。スマートフォンにはラジオアプリがあり、欧米では音声メディアの需要が高まっています。日本でもラジオの可能性に気づいた企業は、すでにラジオを販促に積極的に活用しています。聞くメディアのラジオは動画よりも“ながら”で楽しめることもあり、今後日本のラジオの聴取者は増えるとみています。「おかげさま商会」は2016年3月に東京・江東区のコミュニティFM局での実証実験としての開始から全国配信のラジオ番組となりました。
「おかげさまデザイン」の強みは何ですか
弊社がラジオ番組というメディアを持っていることです。プレゼント提供依頼の交渉がスムーズです。またユニークなところでは政財界とのつながりをもち、PR企画の持ち込みもあるほどです。
私自身がラジオパーソナリティなので、私のアイデアで自由に番組を運営できる点も強みです。プレゼントを通して地方の中小企業や自治体の情報を全国にPRし地方創生につなげたいと思っています。
今後の事業展開は
当社は試験放送を経て2016年7月に設立したばかりですが、エフエム東京のグループ会社「ミュージックバード」の協力を得て、2017年1月から全国のコミュニティFM局を対象に聴取可能人口は3100万人になりました。2017年中に200局、6000万人へ拡大し全国発信を目指しています。そのために、2017年4月には公式サイトとSNSをリニューアルし、プレゼントで扱った商品の購入を可能にします。プレゼントにはずれても、商品を手に入れられるようになります。
将来的には、他メディア、例えば新聞の枠を使った同じようなビジネスモデルも有効だと考えています。新聞の広告モデルを変え、新聞購読の理由づけのひとつにしたい。すでに地方のタウン紙などで実証実験を検討しています。

松本哲浩(まつもとてつひろ)
ラジオパーソナリティ、DJ、ビジネスプロデューサー

1965年4月3日福岡県生まれ。牡羊座の八白土星。福岡大学卒業。
卒業後は、九州国際テニスクラブにてテニスプレイヤーとして活躍。

テニスプレイヤー引退後、日本ユニシス株式会社にて製造流通部門、アウトソーシング部門、広報IR部門のメネジメントを務める。在職15年。

その後、独立し販売会社を設立。
独自のセールスノウハウを他業種、中小企業、ベンチャー会社にノウハウ提供するため「営業の学校」を設立。 そして、世界30カ国、800万人の卒業生送り出した世界最大級のビジネス・スキルアッププログラム「デール・カーネギー・コース」2009年4月クラス最高位で修了。 ビジネス経験を生かして多くのビジネスセミナーの講師、トレーナーを務める。

著書は「最強楽々セールストークの極意実践編」。

最近は、東京都内のラジオ局でのパーソナリティやコメンテーター、新聞や専門誌のニュースリリースやコラムを担当。中小企業のメディア活用したビジネスプロデュース、エグゼクティブのプレゼンの指導なども行う。

企業検索
ビジネスカレッジ(IBCセミナー)

一覧へ

シアタースタイル アルティメット 究極のプレゼン塾