新聞掲載情報

障がい者の「自律」と「共生」に取り組み創立10周年

クリナップ株式会社 掲載日:2018年4月16日

システムキッチン大手のクリナップの特例子会社・クリナップハートフルの創立10周年記念式典で、勤続10年および5年の社員がそれぞれ4名表彰された
システムキッチン大手のクリナップの特例子会社・クリナップハートフルの創立10周年記念式典で、勤続10年および5年の社員がそれぞれ4名表彰された

3月9日、システムキッチン大手クリナップの特例子会社クリナップハートフル(東京都荒川区)は、同区内にあるホテルラングウッドで創立10周年の記念式典を実施した。

2008年2月8日に設立された同社は、同年3月7日に障がい者の雇用に特化した特例子会社として認可されている。社員数は60人で、うち障がい者は40名。

各社員は、給与計算係(月次給与・賞与計算、社会保険・労働保険手続等)、事業推進係(グループ社員の名刺作成、各種データ入力等)、施設管理係(クリナップ本社や関係会社ビルの清掃等)、フードサービス係(「クリ夫のパン屋」の運営等)の各部門で、それぞれの能力を活かして働いている。

式典には、クリナップハートフルの社員および歴代社長を始め、同社設立に尽力したクリナップの本社社員など約70名が出席。現社長(4代目)の井上泰延代表取締役は「2020年の東京オリンピック・パラリンピックを2年後に控えた今年4月から、障がい者の法定雇用率が引き上げられました。それにより2018年は、日本でも障がいを持つ人への目線が変わり始める1年になるでしょう。それを踏まえ、社会に生きる1人の人間としての責任を自覚しなければならないという心構えを持っていただきたい」と挨拶した。

また式典では、勤続10年および5年の社員がそれぞれ4名表彰された。式典の模様を写真に撮影したのも、手話通訳を担当したのも、障がいを持つクリナップハートフルの社員たちだ。

創立10周年を迎えたクリナップハートフルが目指すのは、障がいを持つ人の雇用創出を通じて社会・地域に貢献すること。

たとえば同社の施設管理係では、クリナップ本社および関連会社に加え、荒川区内の施設や公園の清掃作業も行っている。

2016年には新事業のフードサービス係を立ち上げ、同11月には「クリ夫のパン屋」も本社近くの住宅街にオープン。地元商店街の焼きたてパン店が数年前に閉店したことから、「地域の人々に、また焼きたてのパンを食べてもらいたい」という思いを込めて、地元密着の社会貢献を目指す。

従業員はパートを含めて合計10人。そのうち障がいを持つ社員は3人で、販売データ等の入力や、クリナップの公式キャラクター「クリ夫」をあしらったオリジナルの紙手提げ袋の製作、後述の新商品「クリ夫のクッキー」の袋詰めを行うシーラー作業などを担当。

「昨年1年間で安定した運営の土台を築くことができた」と、同店の金子久美店長は話す。開店以来、地元の商工会の祭りや小学校のイベントなどにも積極的に参加し、地域住民との交流を深めたことが功を奏した。

さらに2018年1月、同店では新商品「クリ夫のクッキー」の出荷を開始。4個入り×4袋セットで1箱500円(税抜)。当面は、全国に124カ所あるクリナップ営業所に向けて販売し、ショールームを訪れる顧客へのノベルティなどに利用してもらう。

現在、クリナップハートフルが行っている事業の9割以上がグループ内受託で、同社は外販比率の向上を目指している。「そのために不可欠なのが人材の育成です」と井上社長はいう。同社ではこれまでスペシャリストの育成に力を入れてきたが、今後はジョブローテーションも活用し、チームとしての生産性を向上させたうえで販路開拓に取り組み、外部から名刺作成作業などの受注を獲得していく。「人への投資」も強化し公的資格の取得支援および補助も行う。

「将来的には、クリナップの行動理念である『心豊かな食・住文化の創造』に関わる事業を手がけ、グループの本業に貢献したい」と、井上社長は将来の展望を語る。

【会社概要】
住所:東京都荒川区西日暮里6-25-3
設立:2008年2月8日
資本金:2500万円
社員数60名(うち障がい者40名)
代表取締役:井上泰延氏
URL:https://cleanup.jp/heartful/

「フジサンケイビジネスアイ」

 
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索