新聞掲載情報

闘病中の子供支援 実写3D動画を無償提供

株式会社Frorit 掲載日:2018年4月2日

360度実写3D動画に特化したサービスなどを提供するフロリット(大阪市)は、闘病中の子供を支援するサービス「おでかけ眼鏡」の無償提供を開始した。

おでかけ眼鏡は、さまざまな体験を提供する360度実写3D動画コンテンツで、入院や在宅で病気と闘っている子供たちに少しでも楽しんでもらうため、ヘリコプター搭乗体験や観光地旅行体験などのコンテンツを制作した。子供たちの負担を考え、できるだけ酔いにくく目の疲れも少なくしたほか、1作品当たり5~10分程度の内容とした。

提供先は医療機関や闘病中の子供の家族、その他支援団体で、大阪府、兵庫県、京都府とその近隣の医療機関で希望があった場合、実際に体験できる機材を持参し体験してもらう。

体験した子供たちからは「海が本当に目の前にあるみたいだった」「本当にヘリコプターに乗っているみたいで最初は少し怖かったけど楽しかった」などの感想が聞かれた。

ロケーションベースVR協会が定める「VRコンテンツのご利用年齢に関するガイドライン」に基づき13歳未満は保護者および主治医の同意が必要で、7歳未満は2Dの体験となる。

「フジサンケイビジネスアイ」

 
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索