新聞掲載情報

外国人の採用支援サービス「JIKOPY」

株式会社バク宙 掲載日:2018年1月27日

サイトで日本で就職したい外国人のPR動画を無料閲覧できる
サイトで日本で就職したい外国人のPR動画を無料閲覧できる

バク宙(東京都新宿区)は、高度外国人材の日本での就労を支援するサービス「JIKOPY(ジコピー)」を提供している。日本での就職を希望する外国人が2~3分程度の自己PR動画を撮り、サイトに掲載する。採用を検討する企業は、本人が話している動画を見ることで、実際の語学力を把握することができ、本人の人柄や雰囲気などを知ってから選考活動が行える。従来の履歴書やポートフォリオだけでなく、動画を活用することで、日本にいながら世界中の優秀な外国人を採用することができる世界初のサービスとして注目されている。

同社がサービスを立ち上げた背景には、少子高齢化に伴う、日本の労働力人口の減少が挙げられる。「外国人採用の事例を多く社会に発信していくことで、国内の企業が、安心して外国人を採用することができる社会をつくりたい」と担当者は話す。

現在、「JIKOPY」には135カ国、約1万8000人の外国人が登録しており、約600の日本企業がサービスを利用している。2017年4月の正式なサービス開始から、既に多くの採用実績があり、採用した企業からは「なかなか見つけることができなかったバイリンガル人材が採用できた」、「前向きでガッツのある人材が採用できた」などの感想が寄せられている。

企業、登録者ともに、サービス利用料は無料で、採用が決まった場合は65万円(税別)を成功報酬として企業が同社に支払う。同社は採用支援だけでなく、採用後の在留資格の申請代行や、採用された人材を定着させるためのフォロー業務を無料で行っている。

その他、同社では2017年6月より、韓国の烏山大学と連携し、韓国政府の青年海外就職・実習支援プログラムに基づき、韓国人学生の日本企業への就職支援にも乗り出した。同大でゲームプログラミングなどを学び、高いITスキルと日本語能力を身に付けた学生の日本での就労を後押しする。

「フジサンケイビジネスアイ」

 
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索