新聞掲載情報

起業家目線で会社設立から経営までをまるごとサポート

V-Spiritsグループ 掲載日:2017年10月23日

V-Spiritsグループ 代表 中野裕哲氏
V-Spiritsグループ 代表 中野裕哲氏

起業を志す人のために、個人事業の開業および会社設立の相談・サポートを行っています。

起業前の相談や事業コンセプトのブラッシュアップ、創業融資や補助金の可能性診断、税務や労務の疑問点解消などを無料で受けられる起業相談を、年間200件以上実施しています。無料の起業相談は面談のほか、遠隔地の場合、電話や「Skype」でも可能で当社からの営業勧誘は一切ありません。

以前は、IT分野で起業したいという20代の若者が多かったのですが、ここ数年は、企業内で一定の経験を積んできた4、50代のビジネスマンが自分のキャリアを見直し、独立も視野に入れて相談に訪れるケースが増えています。

起業から会社設立後の経営までを一気通貫でサポートしているのが大きな特徴で、「コンサル付き法人設立パック」や「公庫創業融資向け資金調達サポートパック」「補助金サポートパック」「助成金サポートパック」などのほか、税務、労務、許認可、登記、ビザ申請、経営戦略策定それぞれについて「まるごとおまかせサービス」を用意。税理士顧問契約や経営相談契約、記帳代行、人脈コネクトサービスなどをパッケージにした法人向けの「まるごと経営顧問®パック」、個人事業主やフリーランス向けの「まるごと経営顧問®パックLight」も提供しています。

当社のサービスの強みは、創業融資の審査合格率や補助金、助成金の採択率が高いこと。元日本政策金融公庫支店長や、元補助金審査員が在籍しており、申請だけでなく、採択後の書類作成や各種手続きまでをサポートしているのが大きな特徴です。

政策金融公庫の創業融資で「融資審査無敗記録を6年間続けている」ほか、自社ホームページを立ち上げてリスティング広告などを行う際にも活用できる、国の「IT導入補助金」についても採択率が全国平均で約30%のところ、当社では約94%に達しています。

起業の際、先輩経営者や知人に相談する人が多いと思いますが、情報が正確か、最新かどうかに注意する必要があります。

また会社設立の際、資本金額を含めた設立のしかたによって創業融資を受けられるかどうかや融資金額が大きく変わるので、会社設立時に創業融資のことも合わせて考えなければいけません。要件を満たしていなことや、事業計画書の内容に不備があることがわからないまま創業融資を申請し、審査に落ちて起業ができなくなったという話もあります。

創業時に国や自治体の補助金や助成金を得られるかどうかも大きいですが、たとえば東京都の融資を受けていれば東京都の補助金に応募できるというように、ある決まった手続きを踏まないと対象にならないケースもあるのです。

その意味で経営は一面的なものではなく、多くの事柄を多面的に捉えることが大切です。そこで当社では起業に必要な事柄をすべて同時に考え、全体を俯瞰し、その人に何が一番有利でふさわしいのかを一緒に模索していくことを信条にしています。

今後、企業経営にITやAI(人工知能)の導入が進むと考えられますが、経営の出発点は人であり、個々の人の力がより求められる時代になっていくと思います。そこで当社が人と人とのつながりの拠点になることを目指し、今年から経営者が集う交流会を始めました。

毎回、参加者の9割が入れ替わるビジネス交流会を月に2、3回、東京・池袋の当社セミナールームで行っています。交流会の場で補助金や起業の話題に話が及ぶことも少なくありません。

ほかにもセミナー「V-Spirits起業カレッジ」を月に8回、人脈塾を月3回、士業限定の交流会を月に2回ほど行っています。これらの交流会や当社のフェイスブックなどを通じて、当社とつながっていただいた起業家や経営者の皆さんに対して、正確さと最新を旨とする情報源としての機能を果たしていきたいと思います。

【問い合わせ】
〒170―0013
東京都豊島区東池袋4―24―3 ジブラルタ生命池袋ビル9F
Tel 03・3986・6860

「フジサンケイビジネスアイ」

 
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

プレスリリース検索