越境EC・海外販売について知っておくべきこと

第2回

【オーストラリア編】越境EC・海外販売で売るために知っておくべきこと

佐藤 亘 2017年1月16日
 


オーストラリアは、アジア太平洋地域で2番目に大きなオンライン(ネット)人口と安定した経済基盤で、EC(B2C)市場は安定した成長を続けています。
2015年には、EC取引全体の約35%がモバイル端末で行われています。


オーストラリア 基本情報

・グローバルeコマースランキング:世界10位
・2015年 EC取引流通額:222億USドル(世界シェア:9%)
・人口:2,400万人
・15才以上の人口:1950万人
・都市部の人口:89%
・GDP:1.6兆ドル(世界13位)
・GDPに占めるイーコーマスのシェア :5%
・平均的な世帯の所得:US$ 59,000(A $ 80,000)
・平均年齢:37.6歳
・言語:英語(98%)、その他(2%)
・起業しやすい国の世界ランキング:13位



インターネット事情

・インターネット利用者人口:1660万人(85%)
・スマートフォンの普及率 世界ランキング:2位 (77%)
・EC(イーコマス)を通じて商品購入経験者:1260万人 (65%)
・Facebookの利用者人数:1400万人 (2016/6/30日現在)
・物流パフォーマンス指標 世界ランキング:16位



小売店の動向

オーストラリアはアジア太平洋地域において、英語を母国語がとした大きなEC(B2Cイーコマース)市場です。加えて、北米とヨーロッパに本社を置く、多くのオンライン小売業者・企業は、日本と中国に地理的に近いオーストラリアをアジアの販売地域の拠点として選んでいます。


オーストラリアEC(イーコマース)市場の展望

EC(イーコマース)市場の規模は、2018年までに21%の成長率で推移し、約240億USドルの市場規模と予測されています。2015年のホリデーシーズンの売上高は25億USドルを超えて記録的な売上となりました。
2015年では、オンラインで買い物した割合は79%、2018年には81%を超えると予測されています。


越境EC取引(Cross Boarder)動向

越境EC取引者数:オンラインショッピングを通じて、海外から商品を購入(輸入)する国として、世界6位です。

オーストラリアのオンラインショッパー(買い物した経験者)の中で、越境ECでの商品購入した経験の割合は、約69%と世界的に見ても高い水準です。

越境EC通じて、商品を購入するのは若い年齢層が高く、特に18-39才の年齢層では、全体の約54%を占めています。

購入国のベスト3は、アメリカ(40%)、中国(32%)、イギリス(20%)となり、購入されている商品は、オーストラリアで販売されている商品よりも、安いモノを購入する傾向があります。

逆にオーストラリアの商品を購入している国といえば、隣国のニュージーランド、中国となります。その他の地域では、オーストラリアから商品を購入する人は多くはありません。


決済方法・関税

決済方法として、オーストラリア人の約85%が、EC取引(オンラインショッピング)での決済をクレジットカード・デビットカードを利用しています。
WEBオンライン決済サービスでは、PayPalの利用率は約13%、 地元企業のPayPalの類似サービスを提供しているPOLipaymentsが、約2%程度です。

オーストラリアでは、海外からの商品購入に対して1,000豪ドル(または765米ドル)以下であれば、Low value import threshold (LVT) の適用で免税になるため、関税等が発生しないため、海外のストアから商品を安く購入することができます。
そのため、多くのオーストラリアの小売店は、ECビジネスに力を入れて海外向けに販売をしています。



 
 
 このコラム筆者のe-ラーニング講座開講中! 海外販売・越境ECで成功するためのベーシック講座
~越境ECの販売実績に基づいたノウハウを公開~
 越境ECを始めたい、海外成功の事例を知りたいという方、まずは必見です!

プロフィール

ジャパンコンサルティング株式会社
代表取締役 佐藤 亘(さとう わたる)

北海道出身 上場通信会社の取締役を退任後、35歳の時に世界40ヶ国を巡る旅へ。 約1年の旅の中で日本製品の需要と評価の高さを実感する。
帰国後、「日本と世界をつなぐ仕事」をしたいと言う思いから、
ジャパンコンサルティング株式会社を設立。

幅広いジャンルの商品70万アイテム以上を海外販売で取り扱い、
膨大なデータとノウハウを蓄積する。
その後、企業の海外WEB販売、販路開拓をさまざまな面から総合的に支援する事業をスタート、
多くの企業を、海外販路の拡大や売上大幅アップなどの成功へ導く。

現在は事業を拡大し、世界40ヶ国約400人に及ぶ各分野の専門家であるネイティブスタッフと連携して、
進出先の国やターゲット層に合わせた戦略の策定、ECサイトの企画・作成、
eBay、Amazonなどのマーケットプレイスにおける効果的な販売や集客、運営についての支援、
有力な販路開拓を効率的に探すための提案、海外販売の代行サービスなど、
日本企業の海外進出を具体的かつ全面的にサポートする事業を幅広く展開している。

「日本の売りたいと世界の欲しいをつなぐ」ための事業をさらに拡大中。

経済産業省、中小機構などセミナー開催、講演、メディア掲載多数。

ジャパンコンサルティング株式会社
Web Site : http://www.j-consulting.co.jp/
Video  :https://youtu.be/uHD5r3pjLB0
Linkedin : www.linkedin.com/in/watarusato10

コラム 越境EC・海外販売について知っておくべきこと

同じカテゴリのコラム

コラム検索
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。