海外販売で世界へ!世界一周バックパッカーからの起業

第9回

現地でウケる海外サイト! 国内とはぜんぜん違う作り方のコツ

佐藤 亘 2016年4月26日
 



海外サイトはどう作る?


海外サイトを作るなら、
どんなサイトにしたいと思いますか?


・海外の人に好まれ、受け入れられるサイト
・現地の消費者目線のサイト
・競合他社よりも印象に残るサイト
・売上や集客につながるサイト


多くの人は、こんなふうに答えるでしょう。
どれも納得の希望です。
でも、具体的には? と聞かれると、
なかなかすぐに答えるのは難しいことが多いでしょう。


わからないことだらけの海外サイト!


国内サイトを作るときは、
トップページにはこんな画像や動画を入れて、
全体的にこんな色使いで、デザインはこんな雰囲気、
自社の特徴、サービス・商品を
こんな感じで分かりやすく載せて……など
具体的に要望を出されることが多いです。

しかし、海外サイトを作るとなると途端に、
どうしたら良いかわからなくなる、
そんなケースを多く見かけます。

というのも、実際に海外サイトを見たことがない、
海外のトレンドを知らない、など
海外サイトを作る参考となる情報を
持っていない場合が多いからです。

事前のリサーチが出来を決める!


そのため、海外サイトを作るときは必ず、
国内の競合サイトをリサーチするのがオススメです。
5分もあれば、3社程度のリサーチが可能です。
または、大手企業を1~2社選んでもいいでしょう。
大手企業であれば、
英語サイトを持っている可能性が高いです。


競合サイトを探したら、
国内サイトと海外サイトを見比べてみましょう。
多くの場合、どちらもサイトのデザインは同じです。
日本語か英語か、そして画像が少し違う程度でしょう。
日本人の目で見て見慣れている感じのデザインなら、
それは日本の制作会社が作ったものでしょう。


次に、英語キーワードを使ってgoogleで
英語サイトを検索してみましょう。
US、UKなど、国名を入れて絞って検索してもいいです。

検索したサイトを10くらい見てみましょう。
すると、日本のものとは印象の違うサイトが多く
見られるでしょう。

もっと簡単に詳しく調べるなら、
「Google Similar Pages」という便利なツールを
使うのがオススメです。
これを使うと、現在表示されているサイトに
近しいサイトがいくつか表示されます。


さらに、google検索で、
「website inspiration 2016」と入れてみましょう。
今、海外でトレンドとされるサイトを
集めている、まとめサイトが検索されます。
このサイトを眺めているだけでも、
日本との違いが感覚的に分かってくるはずです。


海外の事情を考慮したサイト作りを!


この「感覚的に」というのが重要です。
アメリカでは60%程度の方が、英語でサイトを
理解できないというレポートがあります。

識字率99%以上の日本とは違い、
移民国家で識字率の高くないアメリカでは、
英語に堪能ではない人も多いため、
感覚的に訴える大きな画像や動画、
シンプルでメッセージ性の高い
タグライン(サービス説明文)が配置されている
ことが多いのです。

このように、競合サイトやトレンドを調べることで
海外で好まれるサイトの傾向が分かってくると、
自分たちがやりたい・目指したいことも
見えてくるでしょう。

そうしてやりたいことがはっきりしてから、
サイトの全体のデザインやレイアウトを考えれば、
海外の企業、潜在顧客に届くようなものが
できやすくなるでしょう。


海外サイトは現地ユーザー目線とリサーチが鍵!


海外の人に診てもらうための海外サイトは、
日本人の目線で作るのではなく、
制作会社に任せるのでもなく、
まずは自分で国内と海外の感覚の違いを知ることが、
海外展開・集客を考える場合には大事なのです。


海外の競合他社をリサーチすることで、
サイトに反映された売り手の意図を知ることが
できます。
顧客層に合わせたサイトデザインは、
きっと参考になるはずです。
それらのサイトを徹底的に分析をして
海外サイトの作成に大いに役立てましょう。



 
 
 このコラム筆者のe-ラーニング講座開講中! 海外販売・越境ECで成功するためのベーシック講座
~越境ECの販売実績に基づいたノウハウを公開~
 越境ECを始めたい、海外成功の事例を知りたいという方、まずは必見です!

プロフィール

ジャパンコンサルティング株式会社
代表取締役 佐藤 亘(さとう わたる)

北海道出身 上場通信会社の取締役を退任後、35歳の時に世界40ヶ国を巡る旅へ。 約1年の旅の中で日本製品の需要と評価の高さを実感する。
帰国後、「日本と世界をつなぐ仕事」をしたいと言う思いから、
ジャパンコンサルティング株式会社を設立。

幅広いジャンルの商品70万アイテム以上を海外販売で取り扱い、
膨大なデータとノウハウを蓄積する。
その後、企業の海外WEB販売、販路開拓をさまざまな面から総合的に支援する事業をスタート、
多くの企業を、海外販路の拡大や売上大幅アップなどの成功へ導く。

現在は事業を拡大し、世界40ヶ国約400人に及ぶ各分野の専門家であるネイティブスタッフと連携して、
進出先の国やターゲット層に合わせた戦略の策定、ECサイトの企画・作成、
eBay、Amazonなどのマーケットプレイスにおける効果的な販売や集客、運営についての支援、
有力な販路開拓を効率的に探すための提案、海外販売の代行サービスなど、
日本企業の海外進出を具体的かつ全面的にサポートする事業を幅広く展開している。

「日本の売りたいと世界の欲しいをつなぐ」ための事業をさらに拡大中。

経済産業省、中小機構などセミナー開催、講演、メディア掲載多数。

ジャパンコンサルティング株式会社
Web Site : http://www.j-consulting.co.jp/
Video  :https://youtu.be/uHD5r3pjLB0
Linkedin : www.linkedin.com/in/watarusato10

同じカテゴリのコラム

コラム検索
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。