海外販売で世界へ!世界一周バックパッカーからの起業

第7回

<基本編>海外展開で勝つ! 海外サイト作成前にやること

佐藤 亘 2016年4月12日
 




海外展開を考えるなら、海外サイトが必要です。
そして海外サイトを作成するなら、
事前に掲載内容をよく練っておくことが大切です。


会社と商品を知ってもらうプロフィールが重要!


まずは、会社概要、商品・サービスの
説明またはプロフォールを分かりやすくまとめます。
会社概要とは、あなたの会社がどんな考えで
どんな事業をやっているかを説明するものです。

あなたの会社が誰に何を、
どんな付加価値をつけて提供しているのか、
顧客はあなたから購入したり提供を受けると、
どのようなメリットがあるのか、
ということを簡潔にまとめてみましょう。


海外では「はじめまして」のアプローチ!


国内で営業活動する場合は既存の競合他社を意識し、
はじめから競合と比較して自社の商品の
優位性を示す説明、導入事例、顧客実績を伝え、
顧客に判断材料を提供するのが一般的です。

しかし、海外では、まず自分が何者で、
何が強みで、何をしていくのか? という、
ゼロからの説明をしていく必要があります。


会社の特徴を打ち出そう!


会社や商品のプロフィールができたら、
次はより特徴を具体的にアピールする
方法を考えましょう。

あなたの会社の実績の中で、
信用につながりそうなものはありますか?
あなたの会社の一番の特徴は何ですか?
顧客からみて、多くの同業社の中から
あなたの会社を選ぶ理由は何ですか?

ここでは、競合他社と違う自社の売りについて、
分かりやすく説明することが重要です。
具体的には国内での取引実績やシェア、導入企業など。
ここで名のある企業を上げることができるなら、
多く信用を得ることも可能でしょう。

そして、提供する商品やサービスの、
他社商品とは違う優れた点はどこにあるか、
それを証明する根拠はどこにあるか、
これらをうまく打ち出してアピールすることができれば、
海外展開をよりスムーズに進めることが
可能になるでしょう。


海外の取引先は日本企業との取引実績で判断!


逆に展示会などで出店企業の中から、
新規で取引する海外企業を探すときは、
日本での取引・販売実績があるのか、
ある場合はどの企業といつから、
どのような取引をしているのか、
ということを聞き取りすることが大切です。

これらは、取引をする上で信用を担保できるか、
取引をするに値するのか、
という判断に大きく影響します。
相手から納得のいく回答が得られた場合は、
次のステップに進みます。


次回は、簡単な事例でより具体的な説明をします。


 
 
 このコラム筆者のe-ラーニング講座開講中! 海外販売・越境ECで成功するためのベーシック講座
~越境ECの販売実績に基づいたノウハウを公開~
 越境ECを始めたい、海外成功の事例を知りたいという方、まずは必見です!

プロフィール

ジャパンコンサルティング株式会社
代表取締役 佐藤 亘(さとう わたる)

北海道出身 上場通信会社の取締役を退任後、35歳の時に世界40ヶ国を巡る旅へ。 約1年の旅の中で日本製品の需要と評価の高さを実感する。
帰国後、「日本と世界をつなぐ仕事」をしたいと言う思いから、
ジャパンコンサルティング株式会社を設立。

幅広いジャンルの商品70万アイテム以上を海外販売で取り扱い、
膨大なデータとノウハウを蓄積する。
その後、企業の海外WEB販売、販路開拓をさまざまな面から総合的に支援する事業をスタート、
多くの企業を、海外販路の拡大や売上大幅アップなどの成功へ導く。

現在は事業を拡大し、世界40ヶ国約400人に及ぶ各分野の専門家であるネイティブスタッフと連携して、
進出先の国やターゲット層に合わせた戦略の策定、ECサイトの企画・作成、
eBay、Amazonなどのマーケットプレイスにおける効果的な販売や集客、運営についての支援、
有力な販路開拓を効率的に探すための提案、海外販売の代行サービスなど、
日本企業の海外進出を具体的かつ全面的にサポートする事業を幅広く展開している。

「日本の売りたいと世界の欲しいをつなぐ」ための事業をさらに拡大中。

経済産業省、中小機構などセミナー開催、講演、メディア掲載多数。

ジャパンコンサルティング株式会社
Web Site : http://www.j-consulting.co.jp/
Video  :https://youtu.be/uHD5r3pjLB0
Linkedin : www.linkedin.com/in/watarusato10

同じカテゴリのコラム

コラム検索
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。