意外と知られてない?…国も後押しする女性起業の実態とは?

第7回

散々、バカにされてきました。

伊勢 隆一郎 2016年9月26日
 



伊勢隆一郎です、

 

あなたはビジネスや起業を目指す中で

人からバカにされた事はありますか?

 

おそらく、9割以上の人が

そうだと思います。

 

私も散々、バカにされてきました。

 

結果が出る前は

 

「お前には無理だ」

「できっこないだろう」

「頼むから会社に勤めてくれ」

 

家族や友人から、そんな言葉を

たくさん投げつけられました。

 

中には、愛情からの言葉もあったと思います。

 

ですが、起業を目指す頃の私には

受け入れがたい言葉の数々でした。

 

そうした反対や批判のような言葉も

徐々に結果を出す中で、消えていきました。

 

しかし、3年前、再び人から

 

「バカですね」

「やめた方が良いですよ」

 

と言われた事があります。

 

それは同じ起業を志し、同じ業界にいる

起業家仲間からでした。

 

なぜ、そんな事を言われたかというと

 

==================

本当の初心者が結果を出すために

サポートスタッフを10倍にした

==================

 

この行動が、周りから

バカにされる原因でした。

 

本当の初心者の人をゼロから育てて

結果に導くのは簡単な事ではありません。

 

だから、多くの指導者は

中~上級者を相手に教えるのが

 

「効率が良い」

 

と考えています。

 

それは成果の上でも、手間や

コストの面などビジネスの上でも同じです。

 

はっきり言うと、

 

「初心者を相手にするのはバカだ」

「初心者を相手にしていられない」

 

そういう考えが、多くの人の中に

あるんだと思いました。

 

しかし、私がやりたい事は

結果を出す、はるか昔から

 

===============

できない事をできるようにする

===============

 

そこに価値があるし、

やり甲斐があると思ってきました。

 

元々、できる人が今まで通りにできても

何の驚きもないし、面白みもありません。

 

だから、今は初心者で不器用でも

これから成果を出せるようになる事は

意味があるし、楽しいと思うのです。

 

あなたも、もしかしたら今はまだ

できない事が多いかもしれません。

 

でも、そんなあなたが

何かをできるようになったら、、、

 

・周囲は驚くに違いありません

・勇気をもらえる人が必ずいます

・世界に新しい価値を生み出す事もできます

 

これまではなかった

新しい価値や体験が生まれるのです。

 

だからこそ、あなたができるようになる事は

世の中に驚きを与えるチャンスだし、それは

元々できる人には絶対にできない事なのです。

 

できない事をできるようになるのは

やり方と工夫次第で可能です。

 

でも、今できる事をできないようになるのは

とても難しいです。

 

だから今は、できない事があっても

恐れる必要はありません。

 

必ずできるようになるので

安心してほしいのです。

 

そのために、万全の準備もしています。

 

それでは、また投稿します。

 

 

伊勢隆一郎



 
 

一般社団法人 K2アカデミー
代表理事 伊勢 隆一郎


1979年、埼玉県川越市生まれ。一般社団法人 K2アカデミー 代表理事。

大学時代に仲間と起業するも失敗。借金だけが残り、引きこもりのニート状態に。親からの視線に耐えられず、友人の家に3年間居候させてもらい1日100円以下の食費で毎日を過ごす。
なんとか1人で食べられるようになりたいと、HP制作会社にコピーライターとして売り込み、生まれて初めて13万円の仕事を受注。そのとき起業して1年半が経っていた。
その後、コピーライターとして実力をつけ会社設立。その後インターネットを使ったマーケティングで短期間に売り上げを上げる手法を学び、2009年には、たった12時間で5億円の受注を受けつけ、一躍ネット界では知られる存在となる。
現在は、岸本亜泉とともに、起業スクール「K2アカデミー」を全国で展開。
2年間で1000名を超える人が学び多くの人に経済的な自由と起業の道を伝えている。
学校は6割以上の参加者が女性で、女性がもっと輝く社会の実現に向けて活動中。
著書に4万7千部のベストセラー「お金と時間と場所に縛られず、僕らは自由に働く事ができる」(フォレスト出版)

同じカテゴリのコラム

コラム検索
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。