意外と知られてない?…国も後押しする女性起業の実態とは?

第15回

リスト神話の嘘が成功を遠ざける

伊勢 隆一郎 2017年1月18日
 



伊勢隆一郎です、

今日は、

 

『あなたの成功を阻害する神話』

 

についてです。

 

 

ビジネスの世界には、

 

誰かが言いだした、もっともらしい

けれど、間違った神話が存在します。

 

 

その神話を信じているせいで

多くの人は結果を出せません。

 

 

覚えておいて欲しいのですが、

 

『神話=壁』

 

だと思います。

 

 

人間が100mを9秒台で走るようになったのは

1983年ですが、カールルイスが10秒の壁を突破すると

次々に記録が更新されていきました。

 

 

「9秒台で走ることは難しい」

 

という神話が壁になって

人間の限界を決めていたのです。

 

 

ところが、一緒に走っている選手が

一度、9秒台を出したら、

 

「あいつができるなら、オレもできるかも」

 

と思うようになって、神話が崩壊し

壁がなくなり、限界がなくなったのです。

 

 

そして、次々に9秒台という

限界を超えられるようになったのです。

 

 

これと同じように、

 

ビジネスの世界でも、間違った神話を

もし取り除くことができれば、、、

 

自分の限界を簡単に超えることができます。

 

 

間違った神話を捨て去ることで

不可能が可能になり、

 

思ったよりも簡単に成功することが

できるようになります。

 

 

神話が成功のブレーキになっていると

私は考えています。

 

 

・・・・・・

 

間違った神話は大きく分けて

3つ存在します。

 

 

まず、1つ目です。

 

 

『稼ぐためには大量のリストが必要』

※大量のメルマガ読者さんが必要

 

という神話が存在しています。

 

 

例えば、

 

・一千万円稼ぎたければ

数千人のリストが必要

 

・1億円を売り上げるには

2万近いリストが必要

 

などの『リスト神話』信じられています。

 

 

しかし、この神話は嘘です。

 

 

『リストが大量になければ

稼ぐことが不可能』

 

 

という神話を信じているがために

どれだけ多くの人が成功を遠ざけて

しまっているのか、、、

 

と思うと切なくなります。

 

 

なぜなら、広告費を使えない

ビジネスの初心者には

手が出せない数字だからです。

 

 

これは、私たちが自信を持って伝えられる

ことなのですが、

 

『売上を上げるのに大量のリストは必要ない』

 

ということです。

 

 

例えば、

 

200リストあれば、3ヶ月で売上1千万円も

十分に可能です。

 

 

もし、10倍の2000リストあれば

2ヶ月で売上1億円を突破することも可能です。

 

 

そんな話をすると

 

「伊勢さん、それは常識とは違いすぎる、

絶対にありえない!」

 

と、思うかもしれませんが

 

・200リストで1千万円

・2000リストで1億円

 

というのは、私たちが去年末から今年行った

プロジェクトで実際に成果をあげたものです。

 

 

信じられないかもしれませんし

今は、信じてくれなくても良いのですが

 

「少ないリストでも売上を上げることはできる』

 

ということを、心に留めておいてほしいです。

 

 

というのも、

 

多くの人にとって、リストを増やすことや

集客をすることは、かなり辛い事だと

思うからです。

 

 

集客で、ヘトヘトになって疲れ切って

いる人を今までたくさん見てきました。

 

 

大好きな仕事をしたいだけなのに、、、、

 

集客にエネルギーを取られすぎて

暗い顔で辛そうにビジネスをしている人を

たくさん見てきました。

 

 

そして、

 

「リストを集められない」

「集客ができない」

 

という理由からビジネスを諦めてしまった人を

たくさん見てきました。

 

 

だからこそ、声を大にして伝えたいのです。

 

 

「そんなにたくさん集めなくても

ビジネスで成功することはできるよ」

 

と、伝えたいです。

 

 

リストのプレッシャーから解き放たれ

リラックスしてビジネスに取り組んで欲しい

 

と、心から思います。

 

 

今日から、

 

リスト神話の嘘に騙されないで

欲しいです。

 

 

それが、あなたを成功に最短で導く

道だと私は信じています。

 

・・・・・・・

 

ところで、

 

「なぜ、伊勢さんたちは、少ないリストで

売上を上げることができるの?」

 

という疑問があると思います。

 

 

実は、私たちもこの結果を出せるようになったのは

去年末からなのです。

 

 

一昨年末に、私たちの会社では

プロモーションをするときに

 

『NITROBULL(ニトロブル)モデル』

 

という全く新しいモデルを

導入するようになりました。

 

 

完全オリジナルの仕組み化された

モデルで、のちのち名前を名付けました。

 

 

そして、この

 

『ニトロブルモデル』

 

が、想像以上の成功を私たちに

もたらしました。

 

 

私たちをリスト神話から

完全に開放してくれたのです。

 

 

この全く新しいモデルについては

おいおい紹介していきます。

 

 

楽しみにしていてください。

 

 

リスト神話の嘘から開放されて

限界を超える成功を手に入れて欲しいと

思っています。

 

 

次回は、

 

『2つ目の間違った神話』

 

について、お話をしていきます。

 

 

多くの人が、成功を遠ざける2つ目の

神話から開放されることを目指します。

 

 

気合を入れて伝えていきますので

楽しみにしていてください。

 

 

ぜひ、ついてきてくださいね。

 

 

伊勢隆一郎


 
 

一般社団法人 K2アカデミー
代表理事 伊勢 隆一郎


1979年、埼玉県川越市生まれ。一般社団法人 K2アカデミー 代表理事。

大学時代に仲間と起業するも失敗。借金だけが残り、引きこもりのニート状態に。親からの視線に耐えられず、友人の家に3年間居候させてもらい1日100円以下の食費で毎日を過ごす。
なんとか1人で食べられるようになりたいと、HP制作会社にコピーライターとして売り込み、生まれて初めて13万円の仕事を受注。そのとき起業して1年半が経っていた。
その後、コピーライターとして実力をつけ会社設立。その後インターネットを使ったマーケティングで短期間に売り上げを上げる手法を学び、2009年には、たった12時間で5億円の受注を受けつけ、一躍ネット界では知られる存在となる。
現在は、岸本亜泉とともに、起業スクール「K2アカデミー」を全国で展開。
2年間で1000名を超える人が学び多くの人に経済的な自由と起業の道を伝えている。
学校は6割以上の参加者が女性で、女性がもっと輝く社会の実現に向けて活動中。
著書に4万7千部のベストセラー「お金と時間と場所に縛られず、僕らは自由に働く事ができる」(フォレスト出版)

同じカテゴリのコラム

コラム検索
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。