意外と知られてない?…国も後押しする女性起業の実態とは?

第11回

24歳の娘さんに教えられました

伊勢 隆一郎 2016年11月22日
 


 


伊勢隆一郎です、先日のことです。

 

 

福岡で公演会を主催してもらい

話をしてきました。

 

 

なんと、会場には、

100名を超える人がびっしりと

座っておりました。

 

 

しかも、開始時刻は、平日の

金曜日の13時、真っ昼間です。

 

 

サラリーマンの方はまず来られません。

 

 

「平日の昼間」に「福岡」で開催となれば

集客的には、悪条件はこの上ないと思います。

 

 

なので、100名を超えた事実には

眼を見張るほど、驚きました。

 

 

参加費は、5千円。

 

 

一般の講演会より、やや高いと思います。

 

 

そして、、

 

100名以上の集客と言っても、まあそれは

奇跡と言えるほどの事ではないと思います。

 

 

しかし、この100名の内訳が

少し普通ではありません。

 

 

信じられないことですが

参加者さんの9割以上の方が、

 

「伊勢隆一郎を知らない」方でした。

 

 

ぼくのことを知らずに

来てくださったのです。

 

 

となると、頭に浮かぶのは、

 

「いったい、伊勢を知らないのに

どうやって100名も集めたんだ??」

 

ということになると思います。

 

 

これは、、

 

集客で困っている方にとっては

大変に興味深い事例だと思います。

 

 

なので、その裏側の知られざる物語に

少しだけスポットライトを

当ててみたいと思います。

 

 

他では聞けない、とても貴重な

情報のシェアになると思います。

 

 

・・・・・・

 

今回、集客をしてくださったのは

長野さんという親子です。

 

 

お母さんは大分をベースに活動をしていて

娘さんは福岡をベースに活動しています。

 

 

まず、お母様の淑子さんと

娘さんの彩花さんで

 

20名、20名ずつぐらいを

直接集めてくださいました。

 

 

それだけでもヤバイくらい凄いことです。

 

 

参加してくださった方に

 

「どうして知りもしない伊勢という男の

講演会に来てくださったのですか?」

 

 

とお聞きすると、多くの方が

 

 

「あの長野さん親子にススメられたから

間違いないと思って」

 

と、おっしゃっていました。

 

 

その言葉には、深い信頼が

感じられました。

 

 

「あの二人が揃って、間違いないと言うんだから

行ったほうがいいのかな、と思って」

 

という声がたくさん聞かれました。

 

 

ポイントは、どうしてこの親子は、

 

「こんなにも深く信頼されるのか?」

 

というところだと思います。

 

 

一言で言うと、、

 

『人柄』

 

ということになりますが

それでは、具体的ではないので

もう少し説明します。

 

 

ここからは、ぼくの想像ですが

このお二人は、誰よりも人の縁を

大切にされているのだと思います。

 

 

そして、きっとたくさんの方の相談にも

のっていると思います。

 

 

もの凄い時間と労力を他人のために

使ってこられたのだと思います。

 

 

本当に提供マインドで

生きているのだと思います。

 

 

集客というと、テクニックやノウハウという

イメージを持つ人もいると思います。

 

 

しかし、本当はもっと深い人としての

在り方にこそ、答えがあるような気がします。

 

 

結論、集客力とは、結局のところ

人柄なのかなと思います。

 

 

そんな人柄を持った人が、ノウハウを使うから

より結果がでるのでだと思います。

 

 

そんなお二人が40名くらいを

集めてくださいました。

 

 

そして、

 

残り60名の集め方ですが、、、、

見事の一言に尽きます。

 

 

彼女たちは、集客のための

チームを作りました。

 

 

そして、チームの方それぞれが

お友達を誘ってくれて

100名を達成しました。

 

 

普通の友達を誘ってくれたので

ぼくのことを知らない人ばかりに

なりました。

 

 

講演会の前日の深夜まで

声をかけられる限りの

友人に声をかけてくれたそうです。

 

 

集客チームの方々は、1円ももらわずに

集客の手伝いをしてくれました。

 

 

となると、

 

「何のメリットもないのに

なぜ、そんなに協力をしてくれたのか?」

 

という疑問がわいてきます。

 

 

そこもやはり長野さん親子の人柄に

つきるのだと思います。

 

 

長野さんたちのために、チームメンバーも

がんばって力を合わせて集めようとしてくれたのです。

 

 

そして、その集める過程そのものを

チャレンジとして楽しんだのだと思います。

 

 

集客というのは、実際、辛い作業です。

 

 

きっと来てくれた方の数倍の人に声をかけて

数倍の人に断られて、傷ついたことも

あったと思います。

 

 

否定されたこともあったと思います。

 

 

「来なかった人たちが、行けばよかった!

悔しい!と思ってもらえる会にしたくて

がんばった」

 

と、チームの人たちがいっていました。

 

 

ひとりだったら、心が折れるところも

チームみんなでがんばったので

やりきれたのだと思います。

 

 

スタッフの打ち上げで集客チームの

方々にも会うことができたのですが

本当に最高の人柄の方しかいませんでした。

 

 

長野さん親子がチームをつくるときに

メンバー選びで決めたことがあるそうです。

 

 

それは、

 

「たくさん集められる人というより

終わってから楽しく打ち上げを一緒にしたい

と思える人だけをチームに入れよう」

 

という基準で選考をしたそうです。

 

 

この話をきいて、やっぱりこの親子の

考え方や人柄は凄いと思いました。

 

 

本当に凄い。

 

 

もっと集める力がある人はいるけど

それよりも、一緒に楽しめる人という基準で

選んだというのが凄いと思います。

 

 

結果、本当にイメージ通りの

楽しい打ち上げになりました。

 

 

ぼくにとっても、

本当に素敵な体験になりました。

 

 

そして、改めて成功するかどうかは

最後は人としての在り方なんだなと思いました。

 

 

=======================

集客力とは、テクニックではなく

その人の在り方が集客力である

=======================

 

ということなのだと思います。

 

 

本当に勉強になりました。

 

 

そして、そこまでして集めてくださる方々の事を

思うと、もっとぼくも良い話ができるように

精進していこうと強く思いました。

 

 

ひとつの体験で、人生は変わりますが

ぼくにとって、今回の体験はそんな

宝物のようなものになりました。

 

 

これからも、もっと価値を提供できるように

がんばっていきます。

 

 

最後までお読み頂き

ありがとうございました。

 

 

伊勢隆一郎

 

 

追伸:

 

今回、チームメンバーの方は白石達也さんの

元で学ばれている方がたくさんいました。

 

 

白石さんとは昔一緒にビジネスをしていたので

それもとても感慨深かったです。

 

 

白石さんも本当にお客さまを大切にしながら

多くの方の人生を変えているのだな、、

素晴らしいな、、、と思いました。

 

 

白石さんにも深く感謝をした1日になりました。

 

本当にうれしい体験でした。

 
 

一般社団法人 K2アカデミー
代表理事 伊勢 隆一郎


1979年、埼玉県川越市生まれ。一般社団法人 K2アカデミー 代表理事。

大学時代に仲間と起業するも失敗。借金だけが残り、引きこもりのニート状態に。親からの視線に耐えられず、友人の家に3年間居候させてもらい1日100円以下の食費で毎日を過ごす。
なんとか1人で食べられるようになりたいと、HP制作会社にコピーライターとして売り込み、生まれて初めて13万円の仕事を受注。そのとき起業して1年半が経っていた。
その後、コピーライターとして実力をつけ会社設立。その後インターネットを使ったマーケティングで短期間に売り上げを上げる手法を学び、2009年には、たった12時間で5億円の受注を受けつけ、一躍ネット界では知られる存在となる。
現在は、岸本亜泉とともに、起業スクール「K2アカデミー」を全国で展開。
2年間で1000名を超える人が学び多くの人に経済的な自由と起業の道を伝えている。
学校は6割以上の参加者が女性で、女性がもっと輝く社会の実現に向けて活動中。
著書に4万7千部のベストセラー「お金と時間と場所に縛られず、僕らは自由に働く事ができる」(フォレスト出版)

同じカテゴリのコラム

コラム検索
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。