伊勢隆一郎のマーケテイングを覚えれば人生はうまくいく

第4回

「成功」=「ライフスタイル」×「年収」4

伊勢 隆一郎 2017年8月7日
 


伊勢隆一郎です、
今回は、自分の成功を明確にするための
最後のステップ、ステップ3になります。


-----------------------------------
ステップ3)その金額をどのように稼ぐか?
-----------------------------------

ここまで来て、やっと、

具体的に何をして稼ぐかを考える
フェーズに入ります。


失敗パターンは、まず、

「とりあえず、儲かりそうだから」

という理由でビジネスを始めることです。


気持ちは分かります。


私も過去に何度も

「儲かりそうだから」

というだけの理由でビジネスを
起ち上げてきました。


そして、今となっては確信を持って
言えるのですが、

「儲かるからで始めたビジネスほど
儲からないビジネスはない」

という事です。


逆に

「この人を応援したいからビジネスをする」

という人ありきで始めたビジネスや


「自分ならこんな人の役に立てる」

というお客さま目線で始めたビジネスだけが
上手く行っています。


儲かるからでビジネスを選ぶのではなく
今までのステップで書き出したことを
よく振り返って、何をすべきかを選びます。


そして、最初のステップで決めた
ライフスタイルとの統合です。


「理想のライフスタイル」
×
「お客さまに求められる仕事」

の2つが見事に融合したときに

『本当に自分が求める成功』

が、手に入ります。


人が満たされるかはお金の量ではありません。


お金をいくら稼いでも
ストレスで死にそうになっていたり
うつ病になってしまう人もたくさんいます。


それは、理想のライフスタイルを
無視した働き方をしているからです。


そうならないためにも、

一番最初に、一番大切なライフスタイルを
きちんと考えておく必要があります。


繰り返しになりますが
2つが融合したときに

『本当の自分にとっての成功』

が、手に入ります。


・・・・・・・・・・

以上が、成功者に共通する
最初のステップ、

『自分にとっての成功を決める』

についてでした。


ライフスタイルを決める時に
ついつい、キラキラしたものを
描いてしまうかもしれません。


私の場合は、2ステップに
分けて考えていました。


最初に決めた私の理想は、

「24時間奴隷のように働いて
とりあえず1000万円の貯蓄をつくる」

ということでした。


もちろん、それが究極の理想ではなく
その先には、海外を放浪したいという
夢がありました。


でも、まずは、24時間働くライフスタイルを
自分で決めて実践しました。


このように、本当に今、自分が一番
力が出る本心を書くことです。


ぜひ、3つのステップを意識して
ノートとペンを用意して書き出してみて
ください。


それが、成功への第一歩だと
私は確信しています。


次回は、成功者に共通する基本の
原理原則についてお話します。


楽しみにしていてください。


最後まで、お読み下さり
ありがとうございました。


伊勢隆一郎
 
 

一般社団法人 K2アカデミー
代表理事 伊勢 隆一郎


1979年、埼玉県川越市生まれ。一般社団法人 K2アカデミー 代表理事。

大学時代に仲間と起業するも失敗。借金だけが残り、引きこもりのニート状態に。親からの視線に耐えられず、友人の家に3年間居候させてもらい1日100円以下の食費で毎日を過ごす。
なんとか1人で食べられるようになりたいと、HP制作会社にコピーライターとして売り込み、生まれて初めて13万円の仕事を受注。そのとき起業して1年半が経っていた。
その後、コピーライターとして実力をつけ会社設立。その後インターネットを使ったマーケティングで短期間に売り上げを上げる手法を学び、2009年には、たった12時間で5億円の受注を受けつけ、一躍ネット界では知られる存在となる。
現在は、岸本亜泉とともに、起業スクール「K2アカデミー」を全国で展開。
2年間で1000名を超える人が学び多くの人に経済的な自由と起業の道を伝えている。
学校は6割以上の参加者が女性で、女性がもっと輝く社会の実現に向けて活動中。
著書に4万7千部のベストセラー「お金と時間と場所に縛られず、僕らは自由に働く事ができる」(フォレスト出版)

同じカテゴリのコラム

コラム検索
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。