コア業務に集中するためのアウトソーシング

第1回

文書保管管理アウトソーシングとは?

木村 朗男 2018年4月3日
 
「こうなったらいいな」をかたちにする、ヒューネルソリューションの木村です。

このコラムでは、昨今いろいろな分野で非常に活発になっているアウトソーシングについて、わかりやすくお伝えします。
第1回目は、文書保管管理のアウトソーシングです。

貸し倉庫と何が違うの? 

そんな疑問があるかと思います。実はまったく異なります。
置いておくということであれば同じですが、その後、その文書を取り出したり、1ファイルごと1書類ごとに管理する必要があるかどうか、そこがポイントです。


「それだけなら、自分たちでもできるよ」

でも、困る時って、大抵こんな状況ではないでしょうか?

□事務所に大きな書庫やキャビネットを置いていて、その中に書類を保管している
□自分で保管をしていても、何の書類がどこに保管されているのかを把握できていない
□把握している人が急に不在になった場合、書類の保管場所がわからなくなってしまい、探し出すのに丸一日使ってしまったことがある

そんなことに時間かけている場合じゃないですよね、皆さん。そこで、その面倒な部分をアウトソーシングするという必要があるわけです。


「文書管理・保管」サービスとは

ヒューネルがこれまでにご依頼頂いた多くのクライアントの声を反映して生まれた新しい「文書管理・保管」サービスで、これまで倉庫保管の不安要素をなるべく排除し、事務所の書庫やキャビネットと同じような感覚で使えるサービスなのです。

自社の書庫感覚で利用可能

書類を見たいときには [原本お届け]又は[PDFデータお届け] を選択できますので、
事務員の方に「この書類取ってきてもらえますか?」と頼むのと同じ感覚でご利用頂けるので使いやすいと好評です。

安心・安全、迅速な対応

JIS27001 に準じたセキュリティ性の高い保管場所のため、「セキュリティの高いところでないと不安だ」「近くに置いておきたい」という2つの安心を兼ね備えた数少ない倉庫です。
また、都内での保管ですので都内近郊のお客様は、必要な書類を最短当日でお届けいたします。

事務所スペースの有効活用

書庫やキャビネットを減らすことで事務所をより有効活用して頂けます。


これまでにない強みを有する「ヒューネルの文書保管管理」は、既に130社を超える企業や士業の方々にご利用頂き、1万箱以上を常時保管しています!

都内という立地、すぐに書類が届くスピード感、セキュリティの高さがとても好評です。
また、「書類のデータ化もしておきたいけど、なかなか時間が取れない・・・」という声にもお答えし、データ化も行っております。

「ヒューネルの文書保管管理」では、書類の保管、データ化、管理、書類の取出し、最後の廃棄まで一貫して対応が可能となっています!

 
 

株式会社ヒューネルソリューション
木村朗男(きむら・あきお)


愛知県豊橋市出身
接客業を経て、コールセンター業界へ。お問合せセンターのオペレーターから経験を積み、センターマネージャーまでの管理職を経験。その後、マーケティング会社にてBtoB向けのコールセンター立ち上げに従事。のべ500社を超える法人向けの営業支援やバックオフィス事業の代行運営や業務改善に従事。

2013年株式会社ヒューネル入社 CRM事業本部部長
2017年11月より、株式会社ヒューネルソリューション 代表取締役社長に就任
座右の銘は一期一会

コラム コア業務に集中するためのアウトソーシング

  • 第1回   文書保管管理アウトソーシングとは?

同じカテゴリのコラム

コラム検索
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。