知恵の経営

第99回

時代の変化に対する決断力

アタックスグループ 2017年1月12日
 
 リオデジャネイロオリンピックの競泳女子200メートル平泳ぎで金メダルに輝いた金藤理絵選手が所属契約しているフットマーク。事業内容は学校水泳、体育用品、一般水泳用品、プール備品、遊具、介護用品などの企画・製造・販売で、国内の学童用水泳用品では高いシェアを持ちニッチトップの地位にある。同社を大きく成長させたのは、磯部成文会長だ。

 終戦後の1946年、戦地から帰った磯部会長の父親が始めたおむつカバーの製造・販売がスタート。磯部会長は大学卒業後、いずれ家業を継ぐため大阪・船場の問屋で3年間の修業を終え、実家に戻った。社員数人で、扱っていたおむつカバーは夏場には販売が鈍り、さらに紙おむつが市場に出回ると全く売れなくなった。

 そんな状況で考えついたのがおむつカバーと同じ材料のナイロンで作る水泳帽子。立ち上がりは大変苦労したが、70年頃、文部省(当時)の方針で小・中学校の体育授業に水泳が導入され、ヒット商品となる。磯部会長は「東京オリンピックで日本の水泳が米国に惨敗し、米国にならって日本にスイミングスクールがどんどん増えたことが市場を広げた」と振り返る。

 筆者は、東京商工会議所が2003年から主催する「勇気ある経営大賞」の第1回受賞企業を取材し、1冊の本『変える勇気が会社を強くする』に上梓した。この受賞企業の一つがフットマークだ。強みは徹底して顧客の声を聞いて商品開発を行う企画力で、磯部会長は「1/1の視点に立った商品づくり」と表現する。

 新商品開発の出発点の一つは世の中の人が顕在的・潜在的に不便・不満・不安といった“不”を感じていることに対する解決策を提案することであり、磯部会長の商品づくりは真にこのことを表現している。
 磯部会長はマーケティング力に秀で、経営環境変化を読み、長期展望で事業を考える戦略家でもある。経営の神様、松下幸之助が大切にしていた言葉の一つが「素直」だが、磯部会長は大変「素直」な性格の持ち主で、真剣に他人の意見に耳を傾ける。この「素直」がマーケティング力の原点だと思う。

 筆者は磯部会長に事業承継の一つとして、同社のDNAである「1/1の視点」による新商品開発事例をエピソードとして時代を担う経営幹部・社員に伝えていくことを提言した。

 経営は「変化対応業」である。時代の変化を読み「着眼大局・着手小局」でマーケティング力と決断力、そして実行力に秀れた企業は成長する。
<執筆>
アタックスグループ主席コンサルタント・丸山弘昭
2017年1月11日フジサンケイビジネスアイ掲載



 
 

プロフィール

アタックスグループ

顧客企業1700社、スタッフ170人の会計事務所兼総合コンサルティング会社。「社長の最良の相談相手」をモットーに、東京、名古屋、大阪、静岡でサービスを展開している。

コラム 知恵の経営

同じカテゴリのコラム

コラム検索
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。

ビジネスカレッジ(IBCセミナー)
  • 現在、開催予定はありません。

一覧へ

お金儲けのためのSNS・ブログ勉強会

ビジネス著作権検定合格講座

二代目社長育成講座