革新ビジネスアワード2017

「嫌がる仕送りは、シオクル」※シオクル(cocrew)は、家族間で健康を仕送りし合えるサービスです。 株式会社VOICE

シオクル(cocrew)は、家族間で健康を仕送りし合えるサービスです。

まずは、健康に関して、取り巻く現状をお伝えさせてください。

【現状】
■2人に1人が「がん」になっています。
→国民の2人に1人が「がん」になり、3人に1人が「がん」で亡くなっています。30年以上変わらず、死因の1位は「がん」です。年間100万を超える方が新たに「がん」と診断されてしまっています。(秋田県の人口とほぼ同じ値です)

■日本のがん検診率は40%以下です。
→アメリカのがん検診率は80%以上。対して、日本は40%弱という受診率の低さです。他国と比較しても、予防医療への意識も低さが顕著です。

■受診の理由は消極的です。
→受診した理由を見てみると60%は「周りに言われたから」という消極的なものです。自分の健康は後回しにしてしまう傾向があるようです。

■受診しない理由は「最適」が分からないから。
→受診しない理由の40%以上は最適な病院、最適な検査項目が分からないという理由です。せっかく健診に行こうと思っても、どの病院で、どの検査を、どの程度、受診すべきか、が不明確なことが受診しない理由になっています。

このようにわれわれは、自身の健康は後回しにしがちということもあり、健康への意識はかなり低いようです。受診しようと思っても、最適な項目、病院が分かっていない、というように多くの問題を抱えています。

その問題をひとつでも解決できれば、という想いでシオクルはスタートしました。



【シオクルについて】
■シオクルは、「家族間で健康を送り合える」サービスです。
 →自分への健康が後回しになっているのであれば、恋人や家族間で送り合えるサービスにすることで、お互いに健康をチェックし合えるサービスにしました。

■シオクルは、「3つの入力」だけで最適項目が提案します。
→送りたい相手の「郵便番号・性別・年齢」を入れるだけで、最適な検査項目をピックアップします。年齢や性別によって、注意すべき病気、検査くべき項目は違ってきます。身体への負担などを考え、その年代に合った検査をオススメしています。

■シオクルは、検査による「身体への負担度」がわかります。
 →検査を受診する障壁のひとつに、身体への負担があります。どこか悪いところが明確な場合は、一定の負担は仕方ないかもしれませんが、悪い箇所が明確になっていない段階で、身体に負担のかかる検査をすることは避けたいです。 シオクルでは身体への負担度を示すことで、より手軽に受診できるプランを選択できます。

■シオクルは、「いいよ!やだよ!」機能があります。
→「嫌がる仕送り」なので、せっかく仕送りしたのに相手が受診しない、受け取らない、なんてことも考えられます。そこでシオクルでは、受け手が「いいよ!」ボタンを押すことで決済が完了することで、送り損を防いでいます。

■シオクルは、「探して!」機能を用意しています。
→スタートして間もないサービスなので、病院確保はまだまだです。そのため、ご提供できる地域にも限りがあります。 でもより多くの方に、健診の機会を増やして頂きたいという想いから、「探して!」ボタンを用意しました。想定料金、検査項目に納得いただけましたら探してボタンを押してください! あなたに代わって、我々が病院を探し、プランを選定し、ご提案する、というちょっとお節介な機能を用意しています。


健康を害してしまうことで、普段の生活は一変してしまいます。
いつもの当たり前を、これからも当たり前にして頂くため、シオクル(cocrew)はスタートさせて頂きました。ぜひあなたの大切な方へ、シオクルを仕送りで!


サービス名:「シオクル(cocrew)」
URL:https://cocrew.xyz/

■株式会社 VOICE について
2015 年 11 月設立。 2017 年 4 月、日本初となる送迎付き人間ドックギフトサービス「GIFTOYA」の運営を開始。同年 7 月に、雇用時健康診断に特化した専門店「GIFTOB (ギフトビー)」(https://giftob.xyz/)の運営開始。 同年 8 月には、アンケートや入社時提出書類をオンラインで作成、回答、集計まで行えるオンラインフォーム「GIFTOB-form」 (https://form.giftob.xyz/)のβ 版をリリース。 同年 10 月に、家族間で健康(医療)を送り合えるサービス「シオクル(cocrew)」をオープン。

■本件のお問い合わせ先
株式会社 VOICE (代表:山口)
Email:info@voice-inc.xyz

東京都

企業検索
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。