革新ビジネスアワード2017

Max Reading(英語脳トレジム/英語速読)が、英語教育、日本人、アジア、世界を変える! 株式会社マックスR

【Max Readingとは?】

日本では他にほとんどない英語速読に特化したトレーニングサービス(教室)を、Max Reading(登録商標)のブランドで展開しています。
http://max-reading.com/
https://www.facebook.com/MaxReading001

日米双方で研究開発した独自の脳トレ等の手法に基づく標準で全10回のレッスン(最大8名+インストラクター)を受けると、中学2~3年生以上程度の英語の語彙力の方なら、誰でもネイティブより速く英語が読めるようになります。

【なぜ英会話より英語速読か?】

日本人は「英語がしゃべれるようになりたい」という憧れや「英語がしゃべれない、聞き取れない」というコンプレックスから、英会話を学ぶ人が圧倒的に多いです。でも、英会話習得のために教室や教材で多くの時間とお金を投じているのに、なかなか上達しない人が多いです。安価なSkype英会話でも効果が出るのは、もともと英会話力の高いごく一部の人達です。

そんな中、なぜ英語速読なのか?
英語速読を身に付けるべき3つの理由があります。

★1.英語は「読む」ニーズや機会が一番多いからです。

仕事・メール・ウェブ・TOEIC・留学準備等々で日本人は大量の英語の「読む」に接し、その大量の時間が浪費されています。日本人の英語を読む速さは一般的にネイティブの平均の3分の1と遅いからです。英語速読でネイティブ以上に速く読めるようになれば、読む効率や生産性が3倍以上になり、大量の読む時間を節約でき、短い時間でより多くの英語に接することができます。他方、英会話を仮に身に付けても、日本国内ではそれを活かせる場や機会がほとんどありません。ビジネスでもよほどの外資系企業でない限り、話す機会はほとんどなく読み書き中心です。読む等で英語に接し続けない限り、ようやく慣れ始めた英会話力もすぐに忘れてきます。

★2.英語速読は実は簡単で、即効で効果を実感できるからです。

英語速読は難しいイメージがありますが、実は英会話よりはるかに簡単で、自動車運転、スキー等のスポーツ、ピアノ等の楽器、ダンス等の習得と感覚が似ています。Max Reading(英語速読)のレッスンは、いわば”英語脳トレジム”。学校教育で行っていた文法や音読、英文解釈等の”勉強”は一切行わず、人がそもそも有する潜在能力を引き出す楽しい脳トレ等のトレーニング中心です。英語力のレベル別等のクラス分けもなく、英語の初級者から上級者まで老若男女が一緒にジム感覚で楽しくトレーニングに参加します。

Max Reading(英語脳トレジム/英語速読)には即効性があります。1回60分の体験レッスンだけでも英語を読むスピードが平均1.8倍になり、標準の通常コース(全10回のレッスン)を2週間に1回のペースで受講すると約4ヶ月の短期間で少なくともネイティブより速く(多くはネイティブの平均の2~3倍以上の速さで)英語を楽に読めるようになります。読むスピードが速くなっても、全体メッセージのイメージ力が高まるため却って理解度がアップすることも多いです。その効果を実感しながら、成長していけます。

使用する英語テキスト本も、中学2~3年生の教科書程度の英語の本から大学生以上レベルまで30種類以上の推薦本から自分に合った易しめものを選ぶことができ、各自が持参する英語本を使ってのレッスンも可能です。多くの人がその英語語彙力や目的に応じて受講できます。

★3.英語速読は「聞く」力や英会話力も効果的に高めるからです。

英語速読ができるようになると、その脳トレ効果で耳から入る情報も脳にスッと入ってくるようになり、リスニング力も高まります。そしてインプット力(読む・聞く)をある程度身に付けてから、アウトプット(話す・書く)の練習をすると、相乗効果も高まります。具体的には、多くの英語テキスト本には音声を録音したAudio-Bookがあるので、速読と聴覚・発声を組合せた効果的なトレーニングができ、他の実践の英会話習得(マンツーマン英会話教室等)と組合せることにより、英会話力を効率的・効果的にアップできます。長らく教材や教室で英会話を学んでいるけど伸び悩んでいる多くの方々にお薦めです。速読を含む英語のインプット力は、英語力を飛躍的にブレイクスルーさせる土台なのです。

【英語の苦手意識も消えるMax Reading】

以上の3つの理由から、Max Reading(英語脳トレジム/英語速読)の楽しいレッスンを継続すると、その即効性と成長感ゆえ、英語の苦手意識も徐々になくなり、自分に自信がついてきます。英語の苦手意識がなくなると英語が楽しくなり、自然に英語に接するようになり、加速度的に英語力がアップします。グローバル人材への大きな一歩も踏み出せます。

【ビジネス展開】

ビジネス的には、2014年4月にB2C(個人向け教室)からスタートしましたが、2015年4月にB2B(法人向け研修)にも参入しました。今後はB2CとB2B両面にてグローバル人材の育成を加速させます。

【エリア&遠隔展開】

エリア的には、現在は新宿本社のみで主に東京・埼玉・神奈川・千葉の一都三県の広域からのニーズをカバーしていますが、集客の促進とインストラクターの育成とともに、今後丸の内界隈等他の東京エリアや、東京以外の全国主要都市にも展開します。

現在、Skype等の遠隔やウェブトレーニングでは脳にいい影響を及ぼす効果的な楽しいレッスンが難しいため、リアルな教室事業中心ですが、Skype等でも実現できる運営ノウハウが蓄積され、技術的にも可能になったら、遠隔レッスンも提供していきます。そして、8,000億円もの日本の英語習得市場に大きな風穴を開け、5年後にはアジア進出を目指します。

【Max Readingのビジョン=Max Being】

Max Reading(英語脳トレジム/英語速読)は、実はMax Being(人のあり方の価値の最大化)です。人の潜在能力を最大限引き出すそのパワーと独自ノウハウにより、単に英語速読のできる人材というのではなく、人間的にも前向きに行動し実現していける人材を育成し、国籍や文化の違いに関わりなく、言葉や心の壁のない真にボーダーレスな世界の構築に貢献します。

東京都

企業検索
新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。